ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

タグ:SONY ( 8 ) タグの人気記事

Xperia XZ & X Compact 見ちゃいました

ついに発売された最新機種。
b0024364_15532241.jpg

まずは、X Compact。
サイズは先代モデルのZ5 Compactとほぼ同じだけど、ちょっとX Compactの方が大きいらしい。

b0024364_15532230.jpg

裏面。表面の処理はメタル感のあるZ5系よりもプラスチック感のあるX Compact。
ただ表面処理のおかげで、陶器っぽい感じが新鮮。
ボクはiPhone SEを使っているせいか、このサイズが一番持ちやすい。
コイツをもっとハイスペックにしてもいいんじゃないかと思うが、いかがか?

b0024364_15532377.jpg

つづいてXperia XZ 。
文字通りのフラッグシップ。
昨年のZ5は何だったんだ?
と言うか今年のX Performance全否定かと言うモデル。
確かにフラッグシップモデルの名は、偽りじゃない。
X Performanceが5インチの段階である程度想像はついた。
でもね…
b0024364_15532470.jpg

Zシリーズとは表面処理など変えたりはしているものの、基本的にZ系デザインの踏襲。
そろそろ次のデザインを提示する頃ではと思わなくもない。

性能がいいのはわかる。
でもね…

果たしてXperiaは、Xシリーズって続けるのかな?
次はX1か(笑)?

頼むソニー。
Xperiaを頼む。
[PR]
by ravfour7103 | 2016-11-12 15:37 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

10th Anniversary "PS3"

b0024364_21174718.jpg

本日2016年11月11日は、Playstation3が発売されて10周年を迎えました。
ボクは、翌年の3月に購入、初代モデルの60GBでした。
当時は超ハイスペックに加え、ブルーレイディスクの視聴も可能で、さらに同時購入したハンディカムのAVCHDの8cmDVDも再生可能ということもあり、かなり重宝しました。
PS3自体はすでにその座をPS4に譲っており、ボク自身もほとんど使う回数も減っていますが、PlaystationStoreで購入したゲームたちがあるので、暇つぶしに使う程度になりました。
多分PS4は買わないと思うので、ボクはこれからもPS3を使っていきたいと思います。
[PR]
by ravfour7103 | 2016-11-11 21:13 | SONY | Comments(0)

XPERIA Ear 発売

b0024364_08550797.jpg

すでに発表されていた、「XPERIA」ブランドのBluetoothモノラルヘッドセット。
タイミング的にも、Appleから賛否両論あったAir Podsに似ているが、Air PodsはあくまでBluetoothヘッドフォンであるが、XPERIA Earはヘッドフォンではなく、ボイスアシスタントが主となっている。
だからヘッドフォンであるAir Podsは両耳用として2個セットだけど、XPERIA Earは1個のみ。
b0024364_08550845.jpg

b0024364_08550814.jpg

デザイン面でいろいろ論議を呼ぶAir Podsと異なり、XPERIA Earはシンプルで控えめ。
ただこれだけコンパクトながら、しっかり音声を拾えるのか不安だけど、大丈夫なんでしょう。
さらに凄いのは、音声でメールやLINEのメッセージを読み上げてくれるとのこと。日本語対応も大丈夫なのか?
先日発表されたGoogleの「アシスタント」は、AppleのSiriを思わせるAIですが、残念ながらローンチでの日本語対応が見送られ、スマートフォンの「Pixel」の日本市場導入も今のところ未定だ。
Siriも含め日本語の音声認識って結構大変だと思うけど、XPERIA Earの音声読み上げがどの程度か気になります。

価格はソニーストアで、本体価格19,800円。Air Podsよりも3,000円高いが、もしかすると、ウェアラブル端末としてこのタイプの方がスマートウォッチも伸び代があるのかと思わせた。
スマートウォッチは、「時計」と言う大前提をどうするかによって、アプローチが変わってくるが、今のところあの小さな画面にたくさんの情報を表示しても、そこで操作する以上、スマートフォンと大差がない気がする。
しかしこのヘッドセットタイプだと、ハンズフリーで操作が出来、目線の移動もないため、運転や歩行中の妨げになりにくいメリットはある。
正直技術的にはこれからだと思うけど、このXPERIA Earには凄い可能性を感じる。
ソニーは諦めずにこの端末を進化させて欲しい。
[PR]
by ravfour7103 | 2016-10-07 08:30 | SONY | Comments(0)

Xperia XZ & X Compact発表

b0024364_23381301.jpg

やはり出たか、Xperiaの最新モデル。
ボクはXperiaが「X」シリーズに移行した際に心配をしていた。
当時「One Sony」の名の下に発表された初代「Z」はまさに渾身のスマートフォンであった。
それまで迷走を続けたXperiaシリーズもいよいよ反転攻勢かと思ったが、半年おきに「Z1」「Z2」…とフラッグシップを出された日には、メーカーもユーザーもお互いに消耗戦になることはわかっていたはずです。
だってiPhoneやGalaxyは1年おきのモデルチェンジだったのに、他のモデルは半年おきに新型出して、大幅値引きしてたら、素人でも経営にならないってわかるわ。

その反省からの「X」シリーズだったんじゃなかったの?
冷静に考えたら、「X Purfomance」って、申し訳ないけどフラッグシップのネームではない。だけどソニーってこの「フラッグシップ」という言葉を軽く、そして簡単に使ってしまう。

去年を思い出して欲しい。
ある意味「Z」シリーズの完成形と思われた「Z3」の半年後に発表された「Z4」。
しかも日本のみで、海外では「Z3+」って、バカにしてるのか?って思ったら、昨年の今時期「Z5」発表。
ボク自身もかつてXperiaユーザーであったけど、この誰も得をしないモデルチェンジに愛想を尽かし、iPhoneへと走った。

話を戻そう。「Xperia XZ」だ。
何だか、「X」シリーズは今年で終わるのかという感じのネーミングだ。
性能は認める。カメラもすごい。
でもあれ程5インチにこだわった春の「X」シリーズを、全否定するかのような5.2インチ採用。
b0024364_23381421.jpg

そしてトドメの「X Compact」。
完全に春モデルの全否定か。

いやぁ、今日のボクは怒ってるなぁ。
Xperia、いやソニーよ。
この「Xperia」ブランドを潰さないでくれ。
正直今の展開方法では、チャイナブランドのスマートフォンメーカーには価格で勝てず、iPhoneやGalaxyにはプレミアムで勝てない。

正直、いい端末なのはわかる。
でも春よりちょっといいよってレベルのモデル展開はやめて欲しい。
もはや日本のキャリアも年2回の発表会もこだわってない。
どうしても年2回出したいなら、Galaxyみたいにフラッグシップとファブレットとか、プレミアムとコンパクトとかにした方が、それぞれの端末が活きる気がする。

ボクがソニーに言いたいのは、やるなら「Compact」モデルでのフラッグシップモデルを出すべき。
コンパクトで、バッテリーが長時間使え、カメラは高性能、さらに液晶が綺麗で見やすい。
これこそソニーらしさを出せるスマートフォンです。
少なくとも、「X Compact」のスペックは、「Z5 Compact」と劇的に変わってません。そこが残念でなりません。

厳しいこと書き続けてきましたが、ソニーはいつまでこういった展開を続けるんでしょうか?
元Xperiaユーザーとして、ボクがiPhoneを捨ててでも欲しくなるXperiaを作って欲しいです。
もしそんなXperiaが出たら、ボクはいつでもiPhoneから乗り換えます。
少なくとも、今回の「XZ」「X Compact」がそれではないことは確かです。

※でも、XZの5軸手振れ防止機能ってすごい技術ですね。これはちょっと惹かれる…

[PR]
by ravfour7103 | 2016-09-01 23:04 | SONY | Comments(0)

XPERIA Xについて語る

b0024364_19120313.jpg

今さらですが、ソニーモバイルから新しいXPERIAが発表されました。
その名も「XPERIA X」!
従来までの「Z」シリーズは「Z5」で終了。ソニーモバイル曰く、今回の「X」シリーズは「第3期」になるそうです。
ハイエンドモデルの「X Performance」、最量販モデルの位置付けの「X」、そしてローコストモデルの「XA」の3つのモデルが発表されました。

ソニーモバイルが言うところの「第1期」は、ドコモから発売され、ボク自身初のスマートフォンになった「XPERIA」から、「arc」「acro」とヒットするも、「NX」以降迷走を続けた時期です。
続いての「第2期」は、「ONE SONY」を具現化した渾身のモデル「XPERIA Z」シリーズの展開です。同時に「A」シリーズや「Compact」シリーズも展開し、Androidでは、2つのラインを展開していましたね。

と言う訳で、「第3期」の「X」シリーズ。早速感想を述べさせてもらいます。

①相変わらずのネーミングセンス
今回、「X Performance」「X」「XA」と相変わらずの統一感や法則性のないネーミングで困ってしまいます。
さらに、「X」のネーミングは、遡ること初代XPERIAに当たるWindows OSのOEMモデルだった「X1」「X2」、さらにはAndroidを採用した「X10」(これこそ、ドコモから発売された最初のXPERIAの海外版のモデル名)と「原点回帰」とも言わんばかりの「X」にちょっと唖然としてしまった。
今後もややこしくなるなぁ。

②見た目の変わらない「新しさ」
正直「X」シリーズ、見た目「Z」シリーズとあまり変わりません。むしろ「Z」シリーズよりも分厚く、重く、画面は小さくなっています。
性能を差し置けば、一番見た目がカッコいいのは狭縁になってる「XA」です。
みんな5インチディスプレイになり、「X Performance」に至っても、フルHDに止まり、「Z5 Premium」の示した4Kディスプレイはたった1代でおしまいですか?
最初ボクは、「X」シリーズは「Z」シリーズの廉価版だと思ったぐらいです。
本当はいろいろあるんでしょうけど、端末単体で見ると全く伝わってねぇ〜。

③相変わらずの半年寿命のフラッグシップモデル
ソニーは「XPERIA」ブランドを軽く考えすぎと、このブログでは何度も警告してきた。
今や10万円以上はするハイエンドスマートフォンを、買った3ヶ月後に、新型が出たらみなさんどういう気分になりますか?
これも前に話しましたが、ボクの最後のXPERIAになった「NX」は、2年使い込んだ初代「XPERIA」から満を持して機種変更したにもかかわらず、買った2ヶ月後に販売中止、半年後にはそのデザイン全否定でLTE搭載のarcデザイン復活の「GX」発売を経て、ボクはiPhoneに変えました。
会社の戦略ですからとやかく言いたくはありませんが、1年1モデルでなぜいけないんでしょうか?
なぜこうもモデルごとにデザインを変えまくるのでしょうか?iPhoneを見てください。良い悪いはあると思いますが、最低でも2年は持ちます。
OSのアップデートもわかりやすいです。
でも、XPERIAをはじめとするAndroidはどうでしょうか。もったいないなぁ、本当に。

長々と書きましたが、せっかく「Z」シリーズで培ってきた信頼とブランドを失ってしまうのではと心配です。
XPERIAはどこへ行きたいのでしょうか?ハイエンド?エントリー?ローエンド?
もし全方位だとしたら、正直伝わってません。ハイエンドなら「Z5 Premium」みたいに尖りまくったモデルを出すべきです。少なくとも「X Performance」はバランスは取れてても、ソニーを感じさせる尖ったところは感じませんね。
ちょっと期待したんだけどな、本当は。
「Z5」の完成度の高さから、次は期待したんだけどねぇ。
[PR]
by ravfour7103 | 2016-03-22 19:06 | SONY | Comments(2)

BDZ-EW1200降臨

b0024364_01523706.jpg

ついに予てから計画していたブルーレイレコーダーを購入しました。
実は、我が家はTV録画をPS3のtorneや、BRAVIA直結のHDDで行ってました。
特に不便は感じてませんでしたが、様々な状況が重なり今回購入に至りました。

まずは、嫁さんのiPhone 6s Plus購入によるキャッシュバックポイントが入ったため、予算的に購入可能となりました。
もう一方で、我が家のビデオカメラは、ハイビジョン録画(と言ってもAVCHD規格)できるDVDハンディカムのため、オーディオボックスには、大量の8cmDVDが溢れかえり、再生時にはPS3を使う状況が続き、整理せざるを得ない状況になっておりました。
そこで今回購入の検討をしたのが、このBDZ-EW1200でした。

ダブルチューナーに1TB HDD内蔵で、何よりアプリ連動でiPhoneやiPadにも録画番組を転送できたり、外からのネット経由での番組予約が可能になる点が決め手です。
b0024364_01523814.jpg

ほら、ボードにすっきり収まってるでしょ?
かなりスリムですねぇ。
ただ残念なのは、この無愛想なフロントフェイス。
ソニーらしからぬ実用重視で、最後まで決め手に欠けました。
本当にこのデザインはない。競合各社をもっと見た方がいいです。
でも買ったからには、ガマンせねば。
b0024364_01523841.jpg

これが説明書に、付属のリモコン。スライドさせると10キーが出てきます。よく使う項目だけまとめたのでしょう。
b0024364_02065540.jpg

ちなみに、ソニーリモコン3兄弟です。
左からBRAVIA(TV用)、PS3、そしてブルーレイレコーダーのものです。
一番使い勝手がいいのは、BRAVIAかな。ボタンの大きさがちょうどいい感じ。
逆に使い勝手が悪いのは、PS3。ボタンが小さすぎるのと、押し間違いですぐにPS3が起動してしまう点ですかね。
ブルーレイレコーダーのリモコンはまだ使ってる途中ですが、今の所は使いやすいかな。
b0024364_02065673.jpg

で、今せっせと、撮りためたDVDをBDZのHDDにダビング中です。
そうそう、BRAVIAもこのブルーレイレコーダーもそうですが、文字入力最低です。POBoxとか使ってくださいよ。

せっかくなので、これから色々試していきたいと思います。

[PR]
by ravfour7103 | 2016-03-01 01:36 | SONY | Comments(2)

VAIO Phone Biz 発表

b0024364_01353559.jpeg
見てください。何とVAIOブランドのスマートフォンが再び発表されました。
その名も「VAIO Phone Biz」。名前の通り、ビジネスシーン向けのスマートフォンらしいのですが、一体どういった端末でしょうか?
b0024364_01354507.jpeg
これを見ていただくとわかりますが、何と今度のVAIO Phoneは、Windows 10 Mobileを採用しています。冷静に考えれば、現状のVAIOブランドのPCはWindowsマシンですから、WindowsをOSとする方がより親和性が取れるため、ユーザーにとってはいいと思いますが、なぜ去年あんな暴挙に出たのでしょう?
b0024364_01355478.png
そう、あの悪夢の「VAIO Phone」です。正直当事者たちはなめてました。「VAIO」ブランドのスマートフォンを出せば黙っても売れると思っていたのでしょう。
結果はご存知の通りです。この端末OEMのPanasonic製だったことも災いし、近年これほどまでに炎上したスマートフォンはないと言える別の意味で記憶に残った端末でした。
b0024364_01352482.jpeg
今回の気合の入り方は半端ありません。
はっきり言えば、日本市場において、スマートフォン市場は、iOSとAndroidの2強です。Windows Mobileに至っては、現状キャリアから正式なサポートを受けている端末はなく、そのほとんどがSIMフリー端末ばかりです。アプリ市場が小さく、成長性がうかがえないことも新規参入の足かせになっているのかもしれません。
過去にauで出した富士通端末もあえなく撃沈…。そんな過去もある中で、VAIOは勝負に出ました。
Appleのように、PCとの親和性を取り、よりブランド力を高めるため、あえて勝負に出たのでしょう。
しかも今回SIMフリー端末での発売。スペックはXperia Z5と比較すると少し劣るものの、オクタコアCPUに、メインメモリ3GB、5.5インチフルHD液晶と悪くないスペックです。
でも、ユーザーはもっとトンがった「VAIO Phone」を待っているんじゃないでしょうか?
今回はあえて「Biz」の名をつけることにより、実用性をとったのかもしれませんが、もっとハイスペックでも構わないと思います。ましてやWindows Mobileの市場はほとんどないわけなので、iOSやAndroidからユーザーを獲得するには、よほど強い魅力が必要です。
そういった意味では、この「Biz」は現時点でWindows Mobileスマートフォンの日本市場での代表格になりえます。正直ボクでも、これならいいかなと思えるくらいです。

まずは実物見たいですね。
このアルミボディが、比較的大きな本体をそのように魅力的に見せているか?
日本にもAppleやiPhoneといったブランドに負けないブランドがあるじゃないですか!
VAIOはその先兵になって欲しいと思います。

[PR]
by ravfour7103 | 2016-02-05 01:55 | IT(モバイルその他) | Comments(0)

今さら「XPERIA Z5」について語る

b0024364_07130287.jpg
巷では今週末に発売される「iPhone 6s/6s Plus」ですが、それ以前に発表されていたXPERIAの最新モデルについて少し触れたいと思います。

最新モデル名は「XPERIA Z5」。
ついに従来の4.6インチHDディスプレイ搭載の「XPERIA Z5 Compact」、5.2インチフルHDディスプレイ搭載の「XPERIA Z5」に加えて、今回目玉とも言える5.5インチ4Kディスプレイ搭載の「XPERIA Z5 Premium」の3ラインで登場です。

まずもってついにスマートフォンも4K時代に突入かというのが率直な感想です。
わずか5インチ前後の液晶サイズに正直そこまで必要かと考えてしまいますが、デジカメやスマートフォンのカメラも4K動画撮影が当たり前になってきている昨今、スマートフォンの4K化はさけて通れないのでしょう。

さて最近「XPERIA」には辛口が続くボクですが、Z5についての(あくまで個人的な)感想をまとめてみます。


More
[PR]
by ravfour7103 | 2015-09-22 07:55 | SONY | Comments(0)