ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

タグ:Mac ( 9 ) タグの人気記事

8th Anniversary MacBook

b0024364_12085839.jpg

b0024364_12085918.jpg

Aluminum Unibody採用のMacBookに一目惚れして購入てから早くも8年。
すでに2度のモデルチェンジを経て、ついにOSのアップデートまで更新されなくなりましたが、まだまだ現役です。
メモリは8GB(ベースは4GB)、HDDも1TB(ベースは250GB)に換装済みで、普段使いには何も不満なし。
ちょっと内蔵のファンがうるさいぐらいかな?

でも新しいMacBook Proいいなぁ。
先日Apple Storeで見たら、やっぱり欲しくなって来た。

でも基本デザインはこのモデルから変わってませんよね。だとしたら、アイブのデザインって素晴らしいと思いません?

b0024364_12085920.jpg

MacBook 13-inch,Aluminum,Late 2008
2.4GHz Intel Core 2 Duo
メモリ 8GB 1,067MHz※
HDD 1TB HDD※
※は変更後
[PR]
by ravfour7103 | 2016-11-23 12:03 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

新型MacBook Pro 見ちゃいました!

b0024364_01312196.jpg

と言うわけで、すっかりご無沙汰してました。
久々に某家電量販店に行ったので、気になったコイツを見てやってきました。

新型「MacBook Pro」。
今回のラインナップは、13インチと15インチの2種類のRetina Displayに、ファンクションキーの代わりにタッチセンサー付きの有機EL表示の「Touch Bar」とおなじみ指紋認識センサー「Touch ID」を搭載しました。
従来のMacBook Proと比較しても、かなり薄く、コンパクトに、そして軽くなりました。

同時に、みんなが待ち焦がれていた「MacBook Air」の新型は発表されず、ついに11インチモデルがカタログから消えました。
10万円以下で買えたMacBookとして意味があっただけに残念です。
そしての代わりと言ってはなんですが、Touch Bar非搭載の13インチMacBook Proも同時発表されています。
これは事実上MacBook Airの13インチモデルの後継と言って良いでしょう。

長い前置きでした。
写真がそのTouch Bar非搭載のMacBook Proです。
カラーは従来のシルバーに加え、スペースグレイを追加しました。さすがにMacBookのようにゴールドやローズゴールドは追加されないでしょう。

まず第一印象は、うっすいなぁ(笑)
正直前モデルが4年前(ちょうどRetina搭載になったあたり)でも、Proでも薄くなったなと感心したけど、今回のモデル(以降Late2016)は何と Airよりも薄いのだから恐れ入った。
ディスプレイはさらに明るくくっきりとなり、トラックパッドもさらに巨大になり、作業効率がグンと上がることは間違いありません。
b0024364_01312113.jpg

ただし、いいことばかりではありません。
MacBook同様、電源供給を始め外部接続端子として、Thunderbolt 3ポートが2つに、iPhone7ではバッサリやめてしまったヘッドフォン端子を搭載すると言う潔さ。
写真のように電源供給用で1つ埋まったら、あと一つしかないじゃん!ってMacBookよりはマシかと思えちゃいます。
要はUSB-Cですが、いよいよAppleは本気でこいつを採用してきました。
でもProを名乗るのであれば、幾ら何でもThunderbolt 3のみとはいささか乱暴ではないかと心配してしまいました。
でもよくよく考えたら、初代iMacはそれまで主流だったSCSIをやめて、USBを採用しましたね。
ちなみにこのあと発売されるTouch Bar搭載モデルには、Thunderbolt 3ポートは4つ付きます。
b0024364_02261872.jpg

先代モデル通称「Mid2015」です。
ボクの使っている「Late2008」から採用されたアルミニウムユニボディデザインは、Retina Display搭載を経て、今回の「Late2016」となったわけです。
Mid2015も悪くありませんが、Late2016のコンパクトさを見ると分厚さを感じてしまいます。
ただし、このMid2015がダメかと言うと、拡張性で行くと、Late2016よりも幅広い端子に対応しています。この辺は好みが分かれますね。
さらにキーボードです。MacBookから採用されたこの薄型キーボードですが、Late2016からはさらに進化し、薄いながらも打ちやすさを実現してます。
打った感触はやはり独特ですが、MacBookと比較すると、見た目同じでも、打ちやすさはProの方がいいです。
これは実際にお店で実物に触れて見てください。
b0024364_02261883.jpg

先ほども触れましたが、Late2016の登場によりラインナップから姿を消す「MacBook Air」11インチモデルです。
今なおあの封筒から取り出されると言う伝説のプレゼンの衝撃は忘れません。
13インチモデルと合わせて、MacBookシリーズを一気に普及させた名機と言っていいでしょう。
光学ディスクドライブをノートブックから取っ払ったエポックメイキングなノートとも言えるでしょう。
その役目は、このTouch Barなしモデルが担うことでしょう。
b0024364_02261944.jpg

さて「MacBook」です。
今回のLate2016モデル発表はMacBookシリーズのラインナップの整理の意味があり、 Airをやめて、シンプルにMacBookとMacBook Proの2ラインにしようと言う目論見でしょう。
だとすれば、このMacBookの価格をもっと下げる必要があります。
ファンレスとはいえ非力なcore mシリーズ搭載では、core iシリーズ搭載の Airシリーズからすると、MacBook使えないじゃんってなってしまう。
ボクは未だにこのMacBookのデザインは秀逸だと思ってる。
USB-Cの問題は拡張アダプターで改善できるだろうけど、チップの性能自体に若干の不安を感じます。何せProじゃないけどそこそこいい値段するしね。
値段がこなれて来れば、次期モデル購入の候補になるかもしれません。

と言う訳で、新型「MacBook Pro」でした。Touch Bar搭載モデルはまだ出回っていないので、ぜひ触って見たいですね。
あとこのTouchBar非搭載モデルが Airの代わりと言いましたが、どちらかといえばMacBookの方が Airの後継のようなものですね。

やっぱり気になるのが、Thunderbolt 3ポートに価格かな。すぐに手が出る訳じゃないしね。
でも Airよりも薄くなったProモデルいいよなぁ〜
[PR]
by ravfour7103 | 2016-11-11 03:15 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(1)

macOS Sierra 配信 しかし…

b0024364_17052148.png
ついに、最新のmacOSが配信されました。
すでにご存知のように、今回から「(Mac) OS X」から「macOS」に変更となったのです。
今AppleのOS陣は、「iOS」を筆頭に「watchOS」「tvOS」とあり、「OS X」だけ名称が揃っていなかったため、「mac」の名を復活させて名称変更したようです。

今回の「macOS Sierra」の最大の特徴は「Siri」の導入です。ついにMacでも音声コントロールができるんです。
でも、事前の発表時から不安はありました。
b0024364_17045429.png
見ての通り、対応機種は「Late 2009 & Later MacBook」とあります。
ボクの愛機は、「Late 2008」… あかん、対象外だ。

もしかしたらダウンロードできるかもと微かな期待を込めて、Mac App Store から「Sierra」のダウンロードボタンをクリックしたら
b0024364_18004078.png
残念。
仕方ないよ。
むしろ、よく頑張ったよ、Late 2008。
というわけで、わが愛機はこのまま「OS X El Capitan」と心中します。

本当は次の欲しいんだけどなぁ…



[PR]
by ravfour7103 | 2016-09-22 18:48 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

アップルストア札幌 閉店

b0024364_20240836.jpg

本日、北海道唯一のアップルストアが移転のため一時閉店しました。
ただし移転先が未定のため、再開する見通しも現状たってません。
b0024364_20240994.jpg

店頭入り口にはこのように感謝のコメントが。
そういえば10年経つんだね。
オープンの時、Tシャツもらったなぁ。
b0024364_20240904.jpg

店内は、大勢のお客さんと従業員でごった返しでした。
みなさん、別れを惜しむかのようにしんみりしてましたが、ジーニアスたち含めたスタッフたちの笑顔に、逆に涙が出てきました。

思えばこのお店では、iPod nano(2nd)、iPad Airを購入。
さらにiPhone 5や6 Plusでは修理交換でお世話になりました。

何よりスタッフ一人一人が、Appleの製品が大好きで、接客しているので、非常に気持ちがいいお店でした。
このままなんてイヤです。
Appleさま、是非早期に北海道でのアップルストア再開をお願いします。
もちろんオープンには駆けつけて、スタッフの皆さんと、笑顔のハイタッチをしたいです。

[PR]
by ravfour7103 | 2016-02-26 20:15 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

iPad Air 2周年

b0024364_10191314.jpg

写真は、もうすでに丸7年経過したMacBook (Late2008)とiPad Air。

思えば2年前、ボクは写真のMacBookの後継機を買うつもりでした。iPhone 5に変えてから1年経過し、よりiOSとOS Xの連携を強めることが目的だったのです。
でも状況が一変しました。
同僚が、iPad Airを買ったのです。それまでのiPadと比べても劇的に軽く、薄く、そして速くなっていました。
それと同時に発売されたiPad mini 2もとても魅力的でした。

気持ちは一気に傾き、その一週間後にはアップルストアに行っていました。
残念ながら最初に買おうと思ったのは、iPad mini 2。でも人気で品切れ、仕方なくiPad Airを選んだのが最初でした。
それ以降は、このブログでも紹介した通りです。

さて今日は、2周年を迎えたiPad Airの今後をどうするかを考えていきたいと思います。
2年縛りも終わることで、次どうしようか思案中でした。候補は以下の通りです。

①auでさらに継続
データシェアプランを活用すれば、iPhone6 Plusとシェアできます。
ただし最低2年は継続しなければなりません。

②auでiPad Air 2に変更
iPad Proや mini 4と言う選択肢もあるけど、 Air 2がベターかな。本当は Air 3でも出ればいいんですけどね。

③格安SIMに変更
auの場合はmineoとUQ Mobileの2社しか選択肢がありません。
将来的なことを考えたら、auとの長期間契約は見直したほうがいいかな?
ただし格安SIMもiOS 9での動作は基本的に保証していないようですが、一応は動くようです。テザリングはダメでなようですが。
魅力はその価格。まだ不明な点も多く決めきれないのが本音。

④auと解約
そもそも解約してWiFiオンリーにする選択。ただしこれだと外で使うことができません。
iPadの魅力は、その機動性です。
出来ればそれは避けたいな。

と言うわけで、上記4点の中から選ぶ訳ですが、候補としては、①か③を考えてます。
ランニングコストを抑えたいことがあるので、③を中心い考えてます。
きっと人柱になるだろうな。

で、いずれはiPhoneも格安SIMでね。





[PR]
by ravfour7103 | 2015-12-13 09:13 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

MacBook 13-inch, Aluminum, Late 2008 7周年

b0024364_00440125.jpg

愛機MacBook(長いので省略) Late 2008が本日購入後7周年を迎えました。
ちなみにスペックは以下の通り。
プロセッサ:2.4GHz Intel Core 2 Duo
メモリ:8GB 1067MHz DDR3
グラフィックス NVIDIA GeForce 9400M 256MB
ディスプレイ:13.3インチ 1280×800
ストレージ:1TB SATAディスク + SuperDrive
OS:OS X El Capitan バージョン10.11.1

メモリは、標準でなんと2GBしかなかった‼︎ので、8GBに換装。
ストレージも標準250GBのところ、TimeCapsuleや外付けなどで対応してましたが、我慢できず1TB HDDに換装。
ここには記載してませんが、膨張したバッテリーも交換。
そして購入当時のOSは、MacOS X 10.5 Leopard。それから実に6回のアップデートを経てのOS X El Capitan バージョン10.11.1。息長いな。

正直、普段使いでは特に問題はありません。
Aluminum Uni-Bodyを初採用したMacBookですが、7年経っても結構頑丈ですし、何よりデザインが色褪せず、現役のMacBookですら基本デザインは変わりません。
メモリは目一杯8GB積みましたが、正直Core 2 Duoは限界です。
iMovieでの動画編集では悲鳴をあげるので、アイスノンで冷やしながら作業してます(笑)

HDDも1TBあるので、残り容量はそんなに心配してませんが、SSDのスピードに惹かれます。
あと作業効率をあげてるのはここだけかな?

と言うわけで、いつまで使えるかな?
現行MacBookがもうちょい性能アップしたら考えちゃうな。

[PR]
by ravfour7103 | 2015-11-22 00:15 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

OS X El Capitan アップグレード

b0024364_23075561.png
ついに10月1日に、OS Xの最新バージョン、「El Capitan」が発表されました。
嬉しいことに、ボクの愛機、MacBook(Late 2008 Aluminum Unibody)にも対応してくれました。
すごいなぁ。Core 2 Duo搭載で、おそらくボクの使ってるiPhone 6 PlusやiPad Airよりも処理速度遅いんじゃないかと思うけど、まだまだ現役。最新のOSにも対応して頑張ってます。
思えば最初に搭載されていたOSは、Mac OS X 10.5 Leopard。それから、10.6 Snow Leopard、10.7 Lion、10.8 Mountain Lion、10.9 Mavericks、そして先代の10.10 Yosemiteを経ての6回目のアップデートです。毎年今年が最期だとビクビクしながら発表を待っていますが、Appleはしぶとく見捨てずに対応してくれているので、ありがたい限りです。
今回のEl Capitanもそうですが、最近のOSの傾向として、「軽め」になってます。かつては重装備でマシンパワーが必要だった時代から、モバイル・ノートが主流の今の時代は、バッテリー駆動時間や省エネをベースに軽く、高性能な方向になっています。
b0024364_23080416.png
さて話はそれましたが、早速ですがMac App StoreからEl Capitanを確認し「無料アップグレード」をクリック。6.08GBのファイルサイズです。
早速アップグレードしましょう。
意見は色いろあると思いますが、ボクは持っている機種(パソコン、スマートフォンなど)はアップグレードできるものは基本的に最新版にしたいと思っているので、パフォーマンスが落ちようがどうしようが、取りあえず最新版にアップグレードします。
b0024364_06473410.png
「無料アップグレード」をクリックすると、おお!「OS X El Capitan」のロゴと文字が!
そういや、もう「Mac OS X」じゃなくなって久しいね。
「続ける」をクリック!
b0024364_06473874.png
続いてお約束の使用許諾契約です。よく読んで「同意する」をクリック。
ちなみにこの画面で「同意しない」を押す人いるのかな?
b0024364_06504899.png
続いてインストールの準備画面です。インストール先のストレージを選択しますが、ボクは内蔵HDDなので、それを指定。
え、約1分って早くない?
当然ですが、「準備」です。
このあと、なが~いインストールが始まります。
ボクで約1時間はかかったかな?

終了しても特に何もありません。「アップグレード」なので、設定を変えるなどの操作が必要なく、見た目もあまり変わらないので、ちょっと肩透かし感はあります。
b0024364_06570873.png
そこで「このMacについて」を選択すると…
おお、El Capitanになってる!
まだまだ頑張れるね、MacBook。
b0024364_06571288.png
ちなみにSafariもヴァージョンは9.0へ。
新機能も付いて、ますます便利に。最初は速いだけで全然使えなかったのに…。
成長したね、Safari。
b0024364_06593546.png
せっかくなので、デスクトップピクチャを変更しましょう。
おお、早速El Capitanの写真が2枚も!
1枚目のは、ホームページでも紹介されている代表的なものなので、今回は2枚目を選択します。
b0024364_07051964.png
おお、ボク好みの風景じゃないですか。
こりゃいいや(笑)。
見ての通り、基本的な見た目はYosemiteからは変わってません。
今使ってても、特に動作が重いとかも感じられません。
なにか不具合などあれば、またここで紹介できればと思います。


[PR]
by ravfour7103 | 2015-10-03 07:07 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

Mac歴15年②

→【Mac歴15年①】

前回は、Macとボクの出会いまでを書きましたが、今回はMacに至るまでのボクの「パーソナルコンピュータ」遍歴を紹介します。

ボクがパソコンを始めたきっかけは、弟の存在でした。
中学2年の時ファミコン全盛期の頃、一足早くファミコンゲームに飽き始め、パソコンゲームに惹かれはじめた弟は、何とか親を説得してある1台のパソコンを買ってもらった。
b0024364_1951385.jpg

富士通の「FM77AV20」。
NECの「PC-8801Mk-IISR(以下88SR)」という当時最強機種を買わずにこの機種を選んだ弟の心境はわからないが、とにかく性能は桁違いだった。
PC88、シャープのX1、そして富士通のFM7は同時の8ビットパソコンの3強で、実際はPC88の1強と言ったところでした。
とにかくゲームのラインナップが凄まじかった88SRは、性能は一番低くとも圧倒的シェアを誇り、人気作品を次々とラインナップしていた。
弟がパソコンを欲しかった理由は、ゲームをする事。しかも当時絶大な人気を誇っていた歴史シミュレーションゲーム「信長の野望 全・国・版」をやる為だった。
今思えば、フロッピー数枚と分厚い説明書、そして豪華なパッケージで9,800円という価格をよく出していたもんだと思う。
さらには歴史SLGのもう1つの雄、「三國志」(これはなんと14,800円!ファミコン本体と同じ!!)、日本ファルコムのRPG大ヒット作品「ザナドゥ」(当時40万本と言う、未だにPCゲームの売上本数ではNo.1ヒット作)、そしてボクが今でも愛して止まない「イース」などもこの頃である。

FM77AV20の最大の魅力は、FM音源とグラフィックス機能だ。
当時の音源の主流はFM音源で、AV20はFM/PSGの各3chずつだった。この頃はこれでもまだ優れていたのだが、ライバルの88SRが「サウンドボードII」なるものを載せてからその優位性は崩れた。
もう1つはグラフィック。当時のPCは256色というのが通常だったが、AV20は4,096色、上位機種のAV40は26万色を実現しており、当時のFM77AVはそれを売りにしていた(でもあまり販売には繋がっていない)。
ちなみに価格は当時で168,000円。ゲームする為だけになっちゃったけど、よく親は許してくれたもんだ。

また当時から主流派ではなかった為、中にはどうしても移植されず遊べないゲームもあり苦い思いをした。
更に追い討ちをかけて、世の中の流れが8ビットから16ビットへ移行し始めたのだ。

そして1989年。当時高校2年の時、1個下の弟はまた親に頼み込み、情報処理系の高校に行くのでもっと性能のいいPCが欲しいと頼み込み、買ってもらったのがこれ。
b0024364_19155092.jpg

NECの「PC-9801UV11」。
98シリーズは言わずと知れた、国産16ビットパソコンの始祖的シリーズで、長年多くのユーザーを育て、最終的にはDOS/V、Windowsへの流れを作った日本パソコン史上に残る名機である。
このUV11と言う機種は、98シリーズの中でも異色で、A4ファイルサイズのコンパクトボディが売りでした。
更にはクロック周波数を8MHzと10MHzとをディップスイッチで切り替えることが出来たのです(ひ、非力だ…)。
それでもAV20から比べると、16ビットPCのパワーは圧倒的。
信長の野望やイースなどのゲームはストレスなくプレイできました。
その後、弟は98に飽きて、なんとFM-TOWNSに手を出したのです!それ以降UV11はボクの専用機となり、大学卒業まではボクが使うことになった。

しかし、世の中はもう既に98の時代ではありません。そうです、DOS/Vの時代となり、富士通は真っ先にFMVシリーズを立ち上げ、TOWNSをあっさり切ったのです。
98シリーズも、9821シリーズへと移行しましたが、結局世の中のDOS/V化への流れは止めることができませんでした。
その頃のボクは、UV11はあれどほとんど使うこともなく、もっぱらスーパーファミコンメインで遊んでいました。

そして大学卒業、就職。
時は1995年。そう、あの年です。

→【Mac歴15年③】
[PR]
by ravfour7103 | 2011-09-07 20:05 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

Mac歴15年①

えー、完全にまじぞうさんの企画のパクリです(笑)。
ジョブズ引退を惜しみつつも、ジョブズの功績、いやAppleという会社、製品に魅せられ惑わされ続けた15年の歳月を振り返ります。

ボクはまじぞうさんよりも長くなるので覚悟しておいて下さい(笑)。

まずはどこから話せばよいか考えていたのですが、Appleとの出会いです。
これは更にさかのぼること十数年、小学生の頃か。

アップルは、1976年4月1日に設立されている。ジョブズとウォズニアックの2人の「スティーブ」による、パーソナルコンピュータ「Apple I」を開発したストーリーはあまりにも有名で、もはや伝説となっている。
b0024364_18124527.jpg

そして「Apple II」である。
「パーソナルコンピュータ」を、世に広げた初めてのマシンとしてその功績は今でも語りつがれている。

実はこの頃、ボクはAppleと出会っている。というか、初めてAppleの存在を知ることになる。
それはこのマンガがきっかけとなった。
b0024364_18563913.jpg

すがやみつる先生が描く「マイコン電児ラン」だ。
すがやみつる先生といえば、「ゲームセンターあらし」で有名だが、この当時から「マイコン(当時はパソコンのことをこう呼んでいた)」を題材にしていたマンガを書くあたりすがや先生の先見の明を感じずにはいられない。
そしてこの作品の中で大々的に紹介されていたのが「Apple II」であった。
当時小学生だったボクは、この作品に釘付けだった。
ゲームしか知らない頃に、何だかわからないがすごいコンピュータが現れたんだと、子供心にわくわくしていたのを今でも鮮明に覚えている。

それから4年ほど経って、1984年。そう、「Macintosh」の誕生である。
b0024364_1944178.jpg

この頃はファミコン全盛期で、日本ではPC-6001とかが流行っていた頃でしょうか。

ボクははじめてMacを触った時のことを今でも忘れない。
その当時のPCは、BASICやDOSが主流だったので、パソコンって普通に起動すると真っ黒な画面に文字が映るもの。そして命令のコマンドを入力するとプログラムが起動するものと言う認識でしかなかった。
そこで出会ったのが「Macintosh」。高校生の頃だったか、ボクが生まれて初めてMacを出会ったとき、そして始めて触れた時だった。

今言えば笑われるかもしれないが、ホントにそのときは衝撃的だった。
まず画面が真っ黒じゃない(笑)。文字(英語?)が並ぶ代わりにアイコンと呼ばれる動かないキャラクターが並んでる。なんだこのゴミ箱は?
てな感じで、不思議な画面をただ見つめていました。
Load Return、Run Return。懐かしいですね(笑)。でもMacintoshはそんなものを入力する場所すらない。
そして見慣れない、キーボードの横にはコードにつながれた四角いケースが。しかも1つしかないボタン。
このケースを動かすと、なんと画面上の矢印まで動くではないか!

そしてもっと衝撃的だったのは、フロッピーディスクを入れると…、なんと画面上にフロッピーのアイコンが現れた!
しかもそのアイコンをマウスでクリックすると、中に入っている書類のファイルがこれまた文字だけでなくアイコンと一緒に並んでるではないか!
更にそのアイコンをクリックすると…。とにかく不思議な体験だった。こんなにディスプレイと一体型でコンパクトなボディの中に魔法が詰め込まれている気がしてならなかった。
とどめは、そのフロッピーのアイコンをゴミ箱に入れると…、なんとフロッピーが自動的に出てきたではないか!
もう、これこそ魔法以外の何者でもない!なんだ、このパソコンは!何?!Macintosh?いくらだ?え~、そんなにするの(汗)。

とにかくMacとボクの衝撃的な出会いだった。このとき高校2年。
まさかこの6年後に自分自身でMacを買うことになり、それ以来Macユーザーになろうとは想像もつかなかった。

※これまた随分長い導入だなぁ。

→【Mac歴15年②】
[PR]
by ravfour7103 | 2011-09-06 19:27 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(2)