ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

タグ:格安SIM ( 2 ) タグの人気記事

VAIO Phone Biz 発表

b0024364_01353559.jpeg
見てください。何とVAIOブランドのスマートフォンが再び発表されました。
その名も「VAIO Phone Biz」。名前の通り、ビジネスシーン向けのスマートフォンらしいのですが、一体どういった端末でしょうか?
b0024364_01354507.jpeg
これを見ていただくとわかりますが、何と今度のVAIO Phoneは、Windows 10 Mobileを採用しています。冷静に考えれば、現状のVAIOブランドのPCはWindowsマシンですから、WindowsをOSとする方がより親和性が取れるため、ユーザーにとってはいいと思いますが、なぜ去年あんな暴挙に出たのでしょう?
b0024364_01355478.png
そう、あの悪夢の「VAIO Phone」です。正直当事者たちはなめてました。「VAIO」ブランドのスマートフォンを出せば黙っても売れると思っていたのでしょう。
結果はご存知の通りです。この端末OEMのPanasonic製だったことも災いし、近年これほどまでに炎上したスマートフォンはないと言える別の意味で記憶に残った端末でした。
b0024364_01352482.jpeg
今回の気合の入り方は半端ありません。
はっきり言えば、日本市場において、スマートフォン市場は、iOSとAndroidの2強です。Windows Mobileに至っては、現状キャリアから正式なサポートを受けている端末はなく、そのほとんどがSIMフリー端末ばかりです。アプリ市場が小さく、成長性がうかがえないことも新規参入の足かせになっているのかもしれません。
過去にauで出した富士通端末もあえなく撃沈…。そんな過去もある中で、VAIOは勝負に出ました。
Appleのように、PCとの親和性を取り、よりブランド力を高めるため、あえて勝負に出たのでしょう。
しかも今回SIMフリー端末での発売。スペックはXperia Z5と比較すると少し劣るものの、オクタコアCPUに、メインメモリ3GB、5.5インチフルHD液晶と悪くないスペックです。
でも、ユーザーはもっとトンがった「VAIO Phone」を待っているんじゃないでしょうか?
今回はあえて「Biz」の名をつけることにより、実用性をとったのかもしれませんが、もっとハイスペックでも構わないと思います。ましてやWindows Mobileの市場はほとんどないわけなので、iOSやAndroidからユーザーを獲得するには、よほど強い魅力が必要です。
そういった意味では、この「Biz」は現時点でWindows Mobileスマートフォンの日本市場での代表格になりえます。正直ボクでも、これならいいかなと思えるくらいです。

まずは実物見たいですね。
このアルミボディが、比較的大きな本体をそのように魅力的に見せているか?
日本にもAppleやiPhoneといったブランドに負けないブランドがあるじゃないですか!
VAIOはその先兵になって欲しいと思います。

[PR]
by ravfour7103 | 2016-02-05 01:55 | IT(モバイルその他) | Comments(0)

mineo Aプラン(シングル)導入

この度、2年愛用してきたiPad Air(Wi-Fi セルラーモデル)を、auから格安SIMの「mineo(マイネオ)」に変えました。
これから何回かに分けてこのブログで紹介していこうと思います。ちなみに今回は、iPad Airと言うタブレットの変更のため、いわゆるデータプラン(シングル)での切り替えに限定しています。
iPhoneのようなスマートフォンだと通話機能が追加になるデュアルプランはまた若干異なるので、また別の機会に。
b0024364_06564777.jpg

まずはこのエントリーパッケージなるものをAmazonで購入。これを利用すれば、事務手数料3,240円がボクの場合、972円で済みました。mineoを考えている人は、絶対にこのエントリーパッケージを購入すべし。
ボクの場合、約2,000円以上お得になりました。

mineoは全てWEBで申し込み手続きが出来ます。
eoIDを取得後、購入したエントリーパッケージに記載のエントリーコードを入力。
今回はiPad Air使用のためデータプランのみなので、MNP不要、身分証明書書類も不要でした。
タブレットってMNP出来ないんですね、知らなかった。
b0024364_08073658.jpg

そして待つこと約1週間、書類が届きました。
b0024364_08073769.jpg

開封するとご利用ガイドに、SIMカード。今回Aプラン申し込みのためauのSIMカードが入ってました。
DプランだとドコモのSIMなんでしょうね。
b0024364_08352492.jpg

早速SIM交換です。
iPad Airのカバーを外して、本体下部にあるスロットを開けてみます。
普段開けないところだから、ドキドキします。
b0024364_08352597.jpg

あった!
nanoSIMなので、目一杯ちっちゃいです。ICチップのところを触らないように注意。
この後に、先ほど届いたmineoのSIM(auのだけど)と交換します。
b0024364_08352534.jpg

データのみのシングルプランは、さっきも書きましたがMNPが不要なため、この後の手続きと言えば、mineoのHPからiOS用のプロファイルをダウンロードし、iPad Airにインストールする必要があります。
auのiOSモデルでは、色々と制約があるので、ネットやmineoのHP等でご確認ください。
あと、AプランのiOSモデルでは基本的にテザリングが出来ません。SMSは申し込み時に必要としておけば、使えます。
ちょっと逸れましたが、無事にAPNプロファイルをインストールして完了。
b0024364_08352569.jpg

なんだか呆気なかったぐらい、あっさりと出来ちゃいました。
写真はWi-Fiのものですが、通常は「4G」と表示されます。もちろん回線はauのものを使っているので、「au」と表示されます。
b0024364_08352524.jpg

今回3Gのデータプランにしました。なんと月額972円(税込)です。
ありえない!
とりあえず4Gで使いましたが、速度的にも従来とあまり変わりません。今後会社の中や遠方での使用状況も見ていきたいと思います。

データ使用量については、mineoのHP内にマイページがあるので、そこをホーム画面に表示しておけば、いつでも見れます。

とりあえずは以上です。
一応バックアップは必ずしてください。

感想としては、意外にあっさりと出来ました。本当にあっさりです。
次の機会にキャリア(au)とmineoでの違いについてまとめてみたいと思います。

[PR]
by ravfour7103 | 2016-01-25 10:24 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)