ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

ニンテンドークラシックミニ

b0024364_21525002.jpg

手のひらサイズのファミコン?
何と30本のファミコンソフトが内蔵され、HDMI接続、電源はUSB経由、本家ファミコンの60%のサイズ、価格は本体価格で5,980円。
11月10日発売かぁ。
30本のソフトがあるのはいい。スーパーマリオにバルーンファイト、グラディウスにゼルダの伝説とかわかるけど、デビルワールドやナッツ&ミルク、グーニーズがないのはどういうことか?
まぁ、それはいいとして、欲しいなぁ。
b0024364_21530517.jpg


[PR]
# by ravfour7103 | 2016-09-30 21:44 | HOBBY(ゲームその他趣味たち) | Comments(0)

Apple Watch 試着しました!Series 2

b0024364_01303845.jpg

さてApple WatchもSeries 2、watchOSもバージョン3となり、やっと買える状況になってきたかな?(笑)

と言うわけで、早速某家電量販店で試着して見ました。
去年の出始めの時は、試着するにも店員に申し出て試着してましたが、もはや無人で自由に試着できます。これは良い!

まず試着したのが、ローズゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンドです。
サイズは38mm。一応Series1と2で選べます。
ちなみにSeries1と2の違いは、デュアルコアプロセッサとwatchOS3は共通で、Series2はGPS、50mの耐水性能、そしてFeliCa対応Apple Payを搭載してます。
Series1は、本体価格27,800円、Series2は、本体価格37,800円とその差1万円。税込でSeries1は3万円で買えます。でもどうせならSeries2の方が絶対後悔しないでしょう。
一つ問題があって、このスポーツバンドは、ボクのような男性の腕では短すぎると言う点。バックルでも一番外の穴でギリギリでした。38mmは安いんですが、スポーツバンドは諦めましょう。
そうそう、この組み合わせは38mmしかないようなので、女性向けかもしれませんね。

b0024364_01303952.jpg

続いて、ゴールドアルミニウムケースとココアスポーツバンドで、これもSeries1と2から選べます。
またこれは42mm専用みたいなので、男性向けかな?
価格はSeries1は、本体価格30,800円、Series2は、本体価格40,800円と38mmの3,000円高になります。
このココアスポーツバンドは、ブラックよりも落ち着きがあり、ゴールドボディとも合いますね。
バンドの長さはちょうど良いので、ボクはスポーツバンドを選ぶなら、42mmモデル1択ですね。
b0024364_01304022.jpg

最後にNike+モデルのシルバーアルミニウムケースとシルバー/ホワイトNikeスポーツバンドです。
これは試着用が38mmしかなく、最初の38mmモデル同様、バンドの長さがギリギリでした。
このモデルはSeries2のみで、38mmが37,800円、42mmが40,800円と通常のアルミニウムケース+スポーツバンドの組み合わせと価格差はありません。
ただこの組み合わせは地味過ぎかなと思うので、ブラックボルトNikeスポーツバンドモデルの方が、より「Nike+」をアピールできるのではないでしょうか。

ヤバい。
マジで欲しくなってきた。
SE単体ではApple PayはFeliCa非対応だけど、Apple Watchと組み合わせたら使えるじゃない!
冬買えるかな〜?


[PR]
# by ravfour7103 | 2016-09-24 00:54 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

iPhone 7は買いか?②

b0024364_00062221.jpg

やっと実物を見ることができました。
さて、巷では売れすぎて在庫が少ないとか、去年の6sよりも売れてないとか諸説飛び交ってます。

結果的にですが、今回ボクはスルーします。やっぱり、SEに変えて半年しか経ってないからです。
だけど、そう言った事を抜きにしたらどうかというと、やっぱり「買い」かな?
b0024364_00510170.jpg

iPhone 7です。
このジェットブラックが非常に人気だそうです。確かに魅力的ですが、写真でもわかるように、目立つ指紋と気になる傷で、ケースを付けないと無理かも。
おそらく今は人気でも、落ち着くと思われます。製造工程もかなり凝ってるので、時間がかかるようです。
持った感じは、まんまiPhone 6。サイズは全く変わらないため、裏を見て、カメラのところを見ないと気付きません。その「変わらない」ところが賛否両論かも。
SEを使うボクからすれば、その端末のデザインが好きだったら、OKじゃないですか?
7のブラック系は、デザイン面で気に入らなかったあの悪名高いDラインがさらに目立たないように同色系にしている点もいいですね。
あと気になるとすれば、「総務省指定」の刻印。だって、FeliCa使えるAndroid端末に刻印されてた?何でiPhoneだけ?うーん…
まぁ、カバーつけたら見えないか。結構ちっちゃい字だし…
b0024364_00510239.jpg

続いて、iPhone 7 Plus。
やっぱりデカイ。SEに戻した今、ボクはもうPlusには戻れない。
でもこのマットブラック、めちゃめちゃカッコいい!これは本当にクールだ。
絶対ジェットブラックよりもこっちの方がカッコいい。
7 Plusの最大の特徴は、このカメラです。このカメラ機能だけでも、iPhone 7 Plusを買う価値はあると思います。
正直ボクも揺れました。
2倍光学ズーム!
デジタルズームなんって誤魔化しじゃないよ。光学ズームだからね。
さらに10.1のアップデートで使えるようになる「被写界深度エフェクト」。いわゆる背景ボカシね。これがスマートフォンレベルでできちゃうんだ。
すげぇ。
b0024364_00510370.jpg

ディスプレイですが、本当にキレイ。
SEの数少ない不満に、ディスプレイの暗さがあるので、このiPad Pro並みのディスプレイも買いのポイントですね。

触っただけではわからない買いのポイントとしては、
・FeliCa利用→Apple Pay
・耐水(防水じゃない)
・最大256GBの容量
特にこの256GBって、うちのMacBookの最初のHDDの容量より多いじゃん。

あとこれは使って見ないとわからない点としては、
・イヤフォンジャックの廃止
・新しいホームボタン
かな。
イヤフォンは、ボク自身標準のEarPodsを使ってるから気にはならないけど、高額のイヤフォンやヘッドフォンを買われてる方は、あの変換コネクタをつけなきゃならないのかと思うと…そりゃ、怒るわ。
発売して1週間ほど経ちましたが、一番荒れてるのは、このイヤフォンジャック騒動かもしれません。
これはしばらく続くでしょう。

そしてホームボタンです。
正直ボクは今日触っただけでは、慣れなかったし、違和感があった。
感触がわかりにくく、押しっぱなしになってSiriが起動してばっかり…
ただ、うちのiPod touch(第4世代)のホームボタンはもはや反応しなくなってるため、やっぱり7のホームボタン(アップルではソリッドステートボタンと呼んでる)のようになるんでしょうね。

長々書きましたが、もしボクが買うとしたら、iPhone 7 マットブラックの256GBモデルです。Plusのカメラは魅力ですが、ボクはもうあの大きさは持ち歩けません。
せめてiPhone 7のサイズでフルHD解像度を実現できたら良いんですが、7sあたりできませんか?

迷ってる方は、まず実際に触ってください。
そうすると色々迷ってる点が見えてきます。

ボクは逆にiPhone SEの良さを再確認できました。

[PR]
# by ravfour7103 | 2016-09-24 00:03 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

iOS 10.1 Public Beta 1

b0024364_22173121.jpg

今月13日(日本では14日)に一般配信されたiOS10。
すでにPublic Beta版を使っていたボクは一足早く体験していたわけでしたが、何と早くもアップデート版に当たる「10.1」のPublic Beta 1が配信されたので、早速アップデートしました。
b0024364_22173329.jpg

今回の目玉は、先日発売されたiPhone 7 Plusだけに搭載されたデュアルカメラで撮影可能になる人物の背景がボケる被写界深度エフェクト(ポートレートカメラ)が使えるようになることだそうです。



え、たったそれだけ?


ってことは、iPhone 7 Plus以外の人は何の恩恵も受けないの?
バッテリー喰いとか何とかしてよ!

今の所何が変わったかよくわかりません。
もうちょっと見てみます。

[PR]
# by ravfour7103 | 2016-09-23 22:08 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(0)

やっぱりミニバンが人気みたい

ハイブリッド全盛の中、やっぱり日本はミニバンが人気だとつくづく痛感するくらい新車はミニバンばかり。
そこで最近発表された3台のミニバンを見てみたいと思います。
b0024364_00125535.jpg
①日産セレナ
4代目にあたる新型セレナ。いまこの5ナンバークラスミニバンは激戦区で、トヨタはノア/ヴォクシー/エスクァイア、ホンダはステップワゴンと三つ巴状態です。
このクラスは、初代ステップワゴンがFFベースの低車床のワンボックスカーを提案してから、それまでのキャブオーバータイプを室内空間で圧倒し一気にシェアを奪いましたが、2代目セレナが単一車種としてはこのクラスに君臨し続けていました。
しかし昨年、ノア/ヴォクシーはスクエアなボディに押し出し感の強いフロントフェイスを導入し、さらに高級感ある装飾を加えたエスクァイアをラインナップに加え、待望のハイブリッド導入も相まって、盤石の体制を築いています。
一方、かつての王座に君臨していたステップワゴンは今年5代目に移行しました。ダウンサイジングターボとわくわくゲートなど、いかにもホンダらしいアプローチで仕上げてきましたが、人気は伸び悩みです。
そして満を持してセレナです。2代目モデルが社用車でいまボク自身も乗ってますが、「可もなく不可もなし」なクルマです。初代モデルと異なりスクエアなデザインのお陰で広々とした室内はいいのですが、足元が柔らかすぎるのがちょっとマイナス(基本ミニバンはそうですが)と感じてます。
今回の新型の最大の目玉は、「自動操舵・前走車追従機能付きクルーズコントロール(プロパイロット)」を初めて導入しました。雑誌等では「自動運転」などと囃し立てていますが、正確には自動運転の一歩手前です。
ただし、これは日産が2020年までに「自動運転車」を完成させるというアピールととってもいいかもしれません。
またこの機能を高級車ではなく、あえてファミリーユースのセレナに導入するあたりが、自動運転に対する日産の意地を感じずに入られません。
デザインもヴォクシーに負けじと劣らない押し出し感があり、これは王座に返り咲くのも時間の問題と思います。

b0024364_00125208.jpg
②ホンダ・フリード
1.5リッタークラスのミニバンのベストセラーモデル。
もともとは、ロゴベースのモビリオというモデルでしたが、これがあまりにも不審だったため、フィット発売を機にベースから作り直し、スタイリッシュなミニバンとして初代フリードが誕生。2列モデルのスパイクやハイブリッドモデルも投入し、8年間モデル末期でも売れていました。
しかしライバルであるトヨタ・シエンタが懇親のモデルチェンジを経て爆発的な大ヒットをしたため、今回フリードも懇親のフルモデルチェンジを遂げました。
まずラインナップは、3列モデルのフリードと、2列モデルはスパイクの名を廃止し、フリード+(プラス)としました。
デザインは、兄貴分のステップワゴンと共通のフロントマスクをしており、正直コレはあまりうまくいってないと思います。これは人の好みでしょうが。
もともとヒット商品だけに、モデルチェンジ需要は大きいと思います。大きく変身し好評を得てるシエンタに、一矢報いることができるのか。しばらく目が離せません。
ま、このクラスの3列目はオマケと思っていてください。
b0024364_00125740.jpg
③ダイハツ・ムーブ・キャンバス
さて3つ目は軽自動車です。ムーブをベースとしたダイハツのラインナップは、ついにここまで来ました。
いま軽自動車は、メーカーではダイハツがトップですが、単一車種としてはホンダN-BOXがトップに君臨しています。
自動車税の増税の影響もあり、売上は低迷する中、顧客の嗜好も多様化していき、単にセダン、ワゴン、トールワゴンだけでは補いきれない状況なのかもしれませんね。
ボクがなぜこのムーブ・キャンバスを取り上げたかというと、単純にこのデザインに惹かれました。ダイハツは時としてコペンのような恐るべきデザイン力を見せつけますが、もう一方でキャストのような、誰もが「おいおい」と突っ込みたくなるクルマを平気で作ります。面白いですね。
キャンバスは、何よりセンスの良さを感じます。また高さもムーブ以上タント以下と言った「ちょうど良さ」がいいですね。
キャンバスは、女性だけでなく男性も恥ずかしくなくおしゃれに乗れそうなクルマです。しかし残念なのが内装で、これは明らかに女性向け。惜しいなぁ。
ダイハツはよく派生車種としてコンテやエグゼなどを出しますが、ベース車がモデルチェンジしてもほったらかしにする傾向があります。このキャンバスもこの1代で終わりそうな気がしますが…もったいない。

このように、勝手に3台紹介してみました。
こう見ると相変わらずミニバンって、人気があり需要もあるんだなぁと痛感。

最近は仕事の関係で自分のクルマよりも、社用車に乗る機会が多くなり、あれほど嫌いだったミニバンも普通に感じるようになりました。
人も乗れて、荷物も詰めてとなると、たしかに便利だよなとは思うけど、どうもスタイルが…。
そういう意味では、キャンバスはスタイリッシュで実用性もあり、軽らしくない所が良いなと思います。
うちも子どもたちが小学3年と幼稚園なので、本当はスライドドアの方がいいんだけどね。
今のクルマも今年11月で丸9年、16万キロを超えそろそろ次も考えなきゃと思ってますが、SUV好きとしては、結構ヴァンガードっていいんですよ、これが。
でも、あと数年でクルマもダメになると思うので、次の候補も考えておかなくちゃ…。





[PR]
# by ravfour7103 | 2016-09-23 07:12 | Cars(クルマ関連) | Comments(0)