ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

C-HRを見て感じること

b0024364_09024648.jpg

大ヒット中のトヨタの世界戦略車C-HR。
先日愛車ヴァンガードの定期点検の時にディーラーに展示してあったので、ちょっと見ての感想。

①SUVの定義とは
そもそもSUVとは、「スポーツ・ユーティリティ・ヴィーグル=スポーツ用多目的車)」と言われてますが、かつて「クロスカントリー4WD(クロカンヨンク)と言われてた時代のクルマたちから、乗用車ベースのいわゆるクロカン風ボディのクルマたちが溢れることにより、SUVという言葉が定着して来ました。
今や日本はおろか世界中空前絶後のSUVブームです。そうした背景から生まれたのがこのC-HRです。

ちなみにボクの愛車ヴァンガードはもちろんSUVに分類されますが、車検証を見ると驚く事実が判明します。それは…

「ステーションワゴン」

です。
ヴァンガードはステーションワゴンに分類されるのです。ちなみに前乗っていたRAV4もステーションワゴンでした。
法律上は「SUV」という概念がないんですね。

話はC-HRから大きく逸れましたが、このクルマもSUVです。ベースがプリウスですが、どちらかといえばクーペに近いクルマです。
SUVであれば、ステーションワゴンのようにある程度の積載量も期待できるのですが、昨今日産ジュークやBMW・X6のようにクーペルックなSUVも人気になっており、C-HRもその流れに乗ったのでしょう。
b0024364_09024610.jpg

そして、C-HRの登場と大ヒットはSUVの定義をステーションワゴンの拡大版という解釈をさらに自由に広げることにつながるし、今後さらに色々な形のSUVが誕生するでしょう。

②今後のC-HRは?
C-HRを見ていると初代RAV4を思い出します。
RAV4は最初3ドアショートボディで登場し、後に5ドアロングボディを登場させ、世界的なヒットとなり、後のハリアー誕生の土壌を作り、世界的なSUVブームの火付け役になったクルマと言えるでしょう。

だから今は売れます。実際に売れてます。
でも次の一手が必要です。
でもロングボディを出すといってもハリアーや海外のみで販売されているRAV4(4代目)と被ってしまいます。
b0024364_09024728.jpg

室内は4人乗りが妥当です。
でもミニバンやトールタイプの軽自動車になれた人たちを満足させられるかはちょっと疑問です。
そして強気の価格設定。直接のライバルとなるホンダ・ヴェゼルにいずれやられます。
トヨタのSUVラインナップはもしこのC-HRを入口にするのであれば、非常に敷居が高いです。価格でいえばハリアーと変わりません。
もしかしたらダイハツにOEMで小型モデルを開発させているかもしれません。
どちらにしても、「次の一手」が必要です。
もしかしたら一番割りを食ってるのは、同門のプリウスかも…

[PR]
by ravfour7103 | 2017-05-01 08:19 | Cars(クルマ関連) | Comments(1)
Commented by ふぐにさん。 at 2017-05-09 08:12 x
こんにちは。

かつて私の友人の所有していた日産ミストラルも、
車検証には「ステーションワゴン」と書かれていたことを
思い出しました。

乗用車ベースのSUVと言えば、インプレッサ・グラベルEXを
思い出しますが、今やその発想が、XVとして結実していることに
驚きます。
スバルの大人気モデルですからね。
<< ドラゴンクエスト31周年 Nintendo 2DS LL発表 >>