ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

Galaxy S8を見て思うこと

b0024364_22563970.jpg


サムスンのフラッグシップスマートフォン「Galaxy S」シリーズの最新モデル「8」が発表されました。
正直今までGalaxyに興味を持たなかったボクですら、今回の「8」登場には驚かされ、そして考えさせられました。

スマートフォンと言うジャンルは古くからありましたが、今の形を作ったのは10年前に発表された「iPhone」であることに誰も疑う余地はないと思います。
iPhoneは常にスマートフォンと言うジャンルを牽引し、ベンチマーク的な存在でもありました。
かたやGalaxyは、iPhone登場以降明らかにiPhoneルックなスタイルの「S」シリーズを豊富な広告宣伝費をバックにAndroidにおけるトップブランドに君臨することになりました。
しかしGalaxy Sは追う時までは良かったのですが、いつの間にか王者iPhoneすら追い抜く存在になってしまいました。
そこからの紆余曲折はご存知の通りですが、Galaxyはサムスンの豊富な資金力の元、いろいろなチャレンジをしてきました。
その一つが「エッジスクリーン」です。曲面液晶パネルの実用化とその普及に、サムスンはその一定の成果を収めたと言っていいでしょう。
ボクはあまり好きじゃないけど、エッジスクリーンを採用すると大画面液晶を採用しながら本体の幅を狭くすることができ、結果持ちやすさにつながります。

ボクが注目したのは、今回「S8」においてGalaxy Sの一つのアイコンでもあった物理ホームボタンをなくしたことです。
b0024364_23192774.jpg

それにより、スマートフォン本体の正面があたかも全面スクリーンのように見えるデザインを実現しました。
ボクは、ここで初めてGalaxyがいろんな意味でiPhoneを超えたと思いました。
噂されてる次期iPhoneでも同様のデザインが採用されると言われているのに、Galaxyは先手を打ったわけです。

スマートフォンのデザインはこうして進化して行くわけですが、果たしてそれでいいんでしょうか?
10年経ちましたが、iPhoneは基本デザインは何も変わってません。
これはある意味すごいと思います。
スマートフォンって、画面の大型化に伴い、よりエンターテイメントな機能が強化され、できることも増えてきました。

今最も小さい画面のスマートフォンであるiPhone SEをつかうボクからするとこの流れから一歩後ろから見るようになってしまってます。
技術の進歩はもちろん必要ですが、スマートフォンってどこまで進化するのかなって思ってしまいます。
かつてのパーソナルコンピュータや携帯電話の進化を見ていると、スマートフォンも今や成熟期を迎え、進化のスピードもそろそろおさまるのかなって気がしてます。

話逸れたけど、Galaxy S8にはそう言う意味では今のスマートフォンの進化の最先端を行っているのは間違いないと思います。
ただし、大画面版のモデル名が「S8+」って…
ここまで、iPhoneを振り切るモデルを作っておいて、このネーミングはないわ…
[PR]
by ravfour7103 | 2017-04-05 22:48 | IT(モバイルその他) | Comments(0)
<< Mac Proの行く末 赤いiPhone >>