ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

新型MacBook Pro 見ちゃいました!

b0024364_01312196.jpg

と言うわけで、すっかりご無沙汰してました。
久々に某家電量販店に行ったので、気になったコイツを見てやってきました。

新型「MacBook Pro」。
今回のラインナップは、13インチと15インチの2種類のRetina Displayに、ファンクションキーの代わりにタッチセンサー付きの有機EL表示の「Touch Bar」とおなじみ指紋認識センサー「Touch ID」を搭載しました。
従来のMacBook Proと比較しても、かなり薄く、コンパクトに、そして軽くなりました。

同時に、みんなが待ち焦がれていた「MacBook Air」の新型は発表されず、ついに11インチモデルがカタログから消えました。
10万円以下で買えたMacBookとして意味があっただけに残念です。
そしての代わりと言ってはなんですが、Touch Bar非搭載の13インチMacBook Proも同時発表されています。
これは事実上MacBook Airの13インチモデルの後継と言って良いでしょう。

長い前置きでした。
写真がそのTouch Bar非搭載のMacBook Proです。
カラーは従来のシルバーに加え、スペースグレイを追加しました。さすがにMacBookのようにゴールドやローズゴールドは追加されないでしょう。

まず第一印象は、うっすいなぁ(笑)
正直前モデルが4年前(ちょうどRetina搭載になったあたり)でも、Proでも薄くなったなと感心したけど、今回のモデル(以降Late2016)は何と Airよりも薄いのだから恐れ入った。
ディスプレイはさらに明るくくっきりとなり、トラックパッドもさらに巨大になり、作業効率がグンと上がることは間違いありません。
b0024364_01312113.jpg

ただし、いいことばかりではありません。
MacBook同様、電源供給を始め外部接続端子として、Thunderbolt 3ポートが2つに、iPhone7ではバッサリやめてしまったヘッドフォン端子を搭載すると言う潔さ。
写真のように電源供給用で1つ埋まったら、あと一つしかないじゃん!ってMacBookよりはマシかと思えちゃいます。
要はUSB-Cですが、いよいよAppleは本気でこいつを採用してきました。
でもProを名乗るのであれば、幾ら何でもThunderbolt 3のみとはいささか乱暴ではないかと心配してしまいました。
でもよくよく考えたら、初代iMacはそれまで主流だったSCSIをやめて、USBを採用しましたね。
ちなみにこのあと発売されるTouch Bar搭載モデルには、Thunderbolt 3ポートは4つ付きます。
b0024364_02261872.jpg

先代モデル通称「Mid2015」です。
ボクの使っている「Late2008」から採用されたアルミニウムユニボディデザインは、Retina Display搭載を経て、今回の「Late2016」となったわけです。
Mid2015も悪くありませんが、Late2016のコンパクトさを見ると分厚さを感じてしまいます。
ただし、このMid2015がダメかと言うと、拡張性で行くと、Late2016よりも幅広い端子に対応しています。この辺は好みが分かれますね。
さらにキーボードです。MacBookから採用されたこの薄型キーボードですが、Late2016からはさらに進化し、薄いながらも打ちやすさを実現してます。
打った感触はやはり独特ですが、MacBookと比較すると、見た目同じでも、打ちやすさはProの方がいいです。
これは実際にお店で実物に触れて見てください。
b0024364_02261883.jpg

先ほども触れましたが、Late2016の登場によりラインナップから姿を消す「MacBook Air」11インチモデルです。
今なおあの封筒から取り出されると言う伝説のプレゼンの衝撃は忘れません。
13インチモデルと合わせて、MacBookシリーズを一気に普及させた名機と言っていいでしょう。
光学ディスクドライブをノートブックから取っ払ったエポックメイキングなノートとも言えるでしょう。
その役目は、このTouch Barなしモデルが担うことでしょう。
b0024364_02261944.jpg

さて「MacBook」です。
今回のLate2016モデル発表はMacBookシリーズのラインナップの整理の意味があり、 Airをやめて、シンプルにMacBookとMacBook Proの2ラインにしようと言う目論見でしょう。
だとすれば、このMacBookの価格をもっと下げる必要があります。
ファンレスとはいえ非力なcore mシリーズ搭載では、core iシリーズ搭載の Airシリーズからすると、MacBook使えないじゃんってなってしまう。
ボクは未だにこのMacBookのデザインは秀逸だと思ってる。
USB-Cの問題は拡張アダプターで改善できるだろうけど、チップの性能自体に若干の不安を感じます。何せProじゃないけどそこそこいい値段するしね。
値段がこなれて来れば、次期モデル購入の候補になるかもしれません。

と言う訳で、新型「MacBook Pro」でした。Touch Bar搭載モデルはまだ出回っていないので、ぜひ触って見たいですね。
あとこのTouchBar非搭載モデルが Airの代わりと言いましたが、どちらかといえばMacBookの方が Airの後継のようなものですね。

やっぱり気になるのが、Thunderbolt 3ポートに価格かな。すぐに手が出る訳じゃないしね。
でも Airよりも薄くなったProモデルいいよなぁ〜
[PR]
by ravfour7103 | 2016-11-11 03:15 | Apple(Mac、iPhone他) | Comments(1)
Commented by ふぐにさん。 at 2016-11-14 00:21 x
こんばんは。

新型MacBookPro。
ほぼ、事前リーク情報通りでしたね。

職場に持ち込んでいるMacBookProが不調なので
そろそろ置き換えたいとは思うのですが、
お高くなりましたよねえ。


一方で、MacBookが安くなったので、そちらでも良いかと
思いつつ・・・

しかし、Parallels Desktopで仮想マシンWindowsを動かすのに
CoreMでは厳しそうで。

デザインは気に入っているんですけどね。
USBポート一カ所というのは、そんなに問題では無いと
思います。
今のバッテリからすればずっと充電しっぱなしである必要はなく
iPhoneなどもWi-Fi接続すればいいし。
デジカメもWi-Fi搭載が多くなってきましたよね。

次のモデルチェンジに期待したいと思っています。
<< 10th Anniversar... XPERIA Ear 発売 >>