ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

2016 パリ・モーターショー

10月1日より、パリ・モーターショーが開催されていますが、結構魅力的なクルマたちが発表されていたので、紹介していきます。

①日産マイクラ
b0024364_01463246.jpg
b0024364_01463427.jpg
日産からは、小型戦略モデル「マイクラ」が発表。
これは日本名「マーチ」の5代目で、まさに起死回生の1台です。
現行4代目は、生産をタイにしたことが裏目に出て、品質面でライバルに大きく遅れを取り、デザインも凡庸となっていまい、3代目まで日本の小型車をリードしてきた「マーチ」のブランドを大きく失墜させてしまったモデルでした。
しかし、この5代目を見る限りかなり魅力的なデザインをまとって登場した。正直このVモーショングリルが当たっているとは思えませんが、これはこれでいいと思います。
ただ、2,3代目が持っていたあのキュートなデザインは、もう捨ててしまったんですね。
ある意味国産のこのクラスのクルマたちが、みんなおんなじ顔つきになってしまっているのではと少し危惧しちゃいます。
でも、今度のマーチはちょっと期待ですね。

②ホンダ・シビック ハッチバック/シビック タイプR
b0024364_01462736.jpg
まずはシビック ハッチバック。
もはや生まれの地・日本ではその最新モデルに乗れない(現行タイプRが数量限定だけど販売されたが…)というなんとも寂しい現状の中、ヨーロッパではハッチバック、アメリカではセダンと継続して販売されています。
こう考えると、ホンダってもはや海外企業なんだと改めて思います。
それにしても、ハッチバックとは言えこのシビック、見た目にも相当大きく見えます。ハッチバックってもっとコンパクトボディのほうがカッコよく見えると思うんだけど、あまり大きくなると鈍重そうに見えてしまいます。
その点、VWゴルフは熟れているので、あれほど大きくなったボディでも「ゴルフ」のアイデンティティはしっかり守っています。
シビックもダウンサイズターボ(1Lと1.5L)を用意しているあたり、欧州車なんだなと痛感。そして日本では発売されないんだよね。
b0024364_01463000.jpg
で、おそらく日本ではこの「タイプR」あたりがまた限定で販売されるんでしょうね。
もはや日本ではフィットがコンパクトクラスを牽引しているので、今更シビックはいらないって感じかもしれませんが、むしろミドルクラスであったアコードがかなり大型化したので、ちょうどその中間のセダンってないんだよね。強いて言えば、現行シビック タイプRがグレイスとアコードの間を埋めるセダンなのかもしれません。それってラインナップとして少しいびつでは…

サイズを考慮すれば、シビックって日本でもまだ生き残れると思うんだけどな。

③プジョー3008/5008
b0024364_01451598.jpg
b0024364_01451891.jpg
いまや世界中の自動車メーカーがこぞってSUVを作っています。
このプジョーもミドルクラスとして3008を出していました(三菱アウトランダーのOEM)が、今回はその上のクラスとして3列シートを加えた5008もラインナップに加えました。
正直プジョーのクルマとしてみたら、少し凡庸なデザインで、これだったら308や208の方が圧倒的にカッコいいと思います。
でも、5008を追加したってことは、売れてるんだね。

④BMW・コンセプトX2
b0024364_01452298.jpg
BMWの中でもSUV(BMWはSAVと呼ぶが)のラインは「X」シリーズとしてラインナップされており、1、3、4、5、6があります。
奇数番号が通常のSUV(SAV)、偶数番号はクーペルックのSUV(SAC)となっているので、その順番から行くとSACのエントリーモデルになるはずです。
でもこのコンセプトモデルを見ると、いままでのSACとは異なるデザインアプローチをしてます。
フラッグシップSAV「X7」をすでに予告しており、もしかするとこのX2のデザインから、今後の
Xシリーズのデザインが読み取れるのかもしれません。
それにしてもSUV売れてるんだなぁ…。

⑤レクサス・UXコンセプト
b0024364_01462548.jpg
そしてレクサスです。新型RXもメチャメチャカッコよくて大ヒットしてるようですが、そのラインナップの一番下になる(と思われる)「UX」のコンセプトモデルが発表されました。
おそらくサイズ感から言って、NX(ハリアー、RAV4ベース)よりも小型で、今冬発売が決定したトヨタ・C-HRがベースかなと思われるくらい躍動感あるデザインです。
b0024364_02183948.jpg
さてその期待度が高いC-HRですが、日本未導入の現行RAV4と同じ顔つきをしておりますが、イマイチ好きになれない顔です。室内の広さにしてもマツダCX-3ぐらいかなと思います。
もしこのクルマがベースだとしたら、やっぱりレクサスはいいなぁ。

それにしても、本当にSUVの新型の発表が多いですね。
一時日本でもパジェロやRAV4などでいわゆる「クロカン四駆」ブームが起きましたが、そこにとどめを刺したのが初代ハリアーです。このクルマの出現は、ポルシェにカイエンを作らせ、BMWにX5を作らせ、その後世界各国の企業がこぞってSUVを作り始めました。いまやあのジャガーやマセラティですら作ってるんですよ。
そう考えると、日本企業もっと頑張れよと言いたいし、さっきのシビックじゃないけど、生まれ故郷の日本で発売されないRAV4って一体何なんだと声を大にしていたい。
もっと日本企業はクルマのブランドを大事にしてほしい。
目先の利益だけを見て海外生産に変えて失敗したマーチや、国内で売れないからと言って販売をやめたRAV4のように、もっとクルマのブランドを大事にしてほしいなぁ。

ハイブリッドの技術も大事だけど、もっとクルマそのものの価値を高める車を出してほしいと切に願います。





[PR]
by ravfour7103 | 2016-10-02 02:22 | Cars(クルマ関連) | Comments(0)
<< あれから5年 iPhone SEな日々 その後 >>