ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

MG パーフェクトガンダム 製作日記①

先日約1年半ぶりのガンプラ「MGガンダム(Ver.1)」を作ったばかりでしたが、熱が冷めやまないうちに次に取り掛かりたいと思います。
そこで選んだのが…
b0024364_2254193.jpg

「MG パーフェクトガンダム」です。
実はこのキット、2006年に自らの誕生日に購入したもので、当時某スーパーで1,980円と言う特価で売られており、勢いで買った記憶があります。いい加減作れってかんじですね。

b0024364_2254588.jpg
そもそも、「パーフェクトガンダム」と言う機体は、ガンプラ誕生の翌々年の1982年に「コミックボンボン」に連載されていた「プラモ狂四郎」に登場したオリジナルのガンダムで、今で言う「ガンプラビルダー」のように、自分で作ったキットをシミュレーションマシンを使って、バーチャルリアリティの中で戦闘すると言った漫画の先駆けでした。

当時は、「MSV(モビルスーツバリエーション)」シリーズが人気を博していたが、何とバンダイは、この「パーフェクトガンダム」をMSVシリーズの一つとして、1/144、1/100とキット化してしまったのです。
そして時を経て2003年にMG化されました。

b0024364_2254882.jpg
折しも、マスターグレードが誕生した8年後に発売されており、95年MG Ver.1、00年Ver.1.5、02年Ver.Ka、そしてパーフェクトガンダムが翌年に出ていることになっています。
なぜここでガンダム単体の歴史にパーフェクトガンダムが加わるのかというと…

b0024364_2255194.jpg
見ての通り、MGでは武装を全て外して「素体」としてのガンダムを楽しむことができます。
しかも見ての通り、Ver.2.0が発売されるまでは、TV版に一番近いイメージのガンダムとして別の意味で人気になりました。

b0024364_2255676.jpg
と言うわけで、通称「素体」を組み立てましたが、非常に作りやすいキットです。
これ以前にVer.1.5を発売しているため、可動部分においては、Ver.1.5にはかなわないにしても、前年発売のVer.Kaよりは可動する。
b0024364_226020.jpg
バックショット。ランドセルを見れば、明らかにTV版準拠のデザインになっている。

b0024364_226358.jpg
バストアップ。か、カッコいい…。
ガンダムの「顔」はVer.1.5やこのパーフェクト素体は非常にハンサムに作られているが、Ver.2.0はあまりにTV準拠し過ぎたためちょっと落ちてしまったかもしれない。
全体的にうるさいモールドもなくスッキリとしたデザインでもあります。

b0024364_226679.jpg
ちなみにパーフェクト素体には、単体での武器がありません。あくまで、「パーフェクトガンダム」としての武装は豊富にあるけど、素体自体には付いていない(厳密に言えば、ビームサーベルのみ)。
今回はVer.1のハイパーバズーカを持たせて、ちょっと踏ん張ったポーズ。
関節部分にはABS樹脂を使っているため、ポリキャップも最低限の数になっている。

さて次は、アーマーたち。
今考えると、ほんとに「マンガ」な機体だけど、当時はこれでかなり熱狂した。
MSVでも人気だったフルアーマーガンダムやレッドウォーリア等、ちょっとしたフルアーマーブームになってた気がする。

さてコイツを仕上げたら、次はVer.2.0だ!
[PR]
by ravfour7103 | 2013-09-25 03:07 | GUNPLA(ガンプラ他) | Comments(3)
Commented by 愚夫愚父 at 2013-09-27 00:16 x
こんばんは。

うちにもいますよ。
「パーフェクトガンダム」。
http://hgufugufu01.blog114.fc2.com/blog-entry-705.html

500円で買いました(^_^)

でも、8年経っても放置なのです。
もったいない。。。
Commented by ravfour7103 at 2013-09-27 01:58
愚夫愚父さん、コメントありがとうございます。
どうも、今の御時世って「パーフェクトガンダム」人気無いんですね。
ボクが子供の頃は熱狂してたものですが…。
それにしても、「素体」カッコいいです!
Commented by SD戦士勢 at 2015-12-16 05:09 x
初めまして。
>>今で言う「ガンプラビルダー」のように、自分で作ったキットをシミュレーションマシンを使って
自分は超戦士ガンダム野郎世代ですが、何度か狂四郎に目を通しました。
マンガ的ではあれど、ちゃんと『改造』が勝負の決め手になってるんですよね。(山根サンのグフ(足にスプリング、糸ハンダロッド他etc)といいロムやグズ鉄(ザクタンクコクピット改造、トゥランファムの塗装ハゲ勝利w)のシュミレーションバトルでの仕事ぶり等。魔改造の原義の出典でもある(インチキwww))
ビルド~に関しては、1はB社連の発注に対して1のスタッフさんが話と機体作りこんでたからまだ良かったものの、トライに関しては勝負の決め手の謎ルールさと、プロの作り込んだ元デザインに落書きした妙なブツをBANDAI君が手抜きで量販店にバラ撒きたい印象しか無いなぁ。子供は当然見てないですし。1の劣化コピーという印象しか。ダサいスクラッチはする割りにウェザリングとかはようせんのかコイツら等。
>>パーフェクトガンダム
世代間意識差の激しい時代ですから。(7歳年下で親子くらいの差を感じます)
メガデスやエアロスミス好きの自分にはやっぱエルビス・プレスリーは厳しい…程度の話かと。(音楽の歴史にエルビスの残した偉業は教養として個人的に知っておこうと自分は思いますが。)最近高機動ザクR2を2個も買いましたけども。ダム史的にMSVの貢献度を実感します。(が、ここまで自分から見ていく数寄者も少ないでしょうなぁ。)
件のMGパガンさんは中の人が筋彫り控え目タイプの良キットと名高い方ですな。筋彫り勢・控え目勢ともに、生ダムさんのスタイリングはこの頃に完成した型やVer2.0からロクに進歩してない気がする。MGVer1.0の衝撃も今は昔、メイジンメイジンとか自称しても事業部の川口お前もうただのジジイじゃねえの感が。権威なんざ感じようがないなぁ。(笑)
そろそろ企業としてダムをロクに扱いこなせないB社・創通・サンライズの馬脚が見えてきた感が。元々胡散臭い商売してましたが、今の連中、ちょっと見過ごせない程問題あります。(失礼、長文恐縮です
<< au 2013WINTER 「123456」 >>