ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

1/144 ジャベリン製作日記⑤

→【1/144 ジャベリン製作日記④】


つ、ついに完成しました。
ちょっといろいろ問題がありましたが、なんとか漕ぎ着けました。
また写真ばかりですが、あしからず(笑)。



b0024364_22521968.jpg

RGM-122 ジャベリンです。ザンスカール戦争、すなわち「Vガンダム」の時代、U.C.0153の時代の地球連邦軍の宇宙用主力MSです。ちなみに地上用主力MSは、前回作ったRGM-119 ジェムズガンになります。
今回の製作における最大のポイントは、全身のアポジモーター、すなわちバーニア部分をすべて別パーツに換装することです。元々のキット標準のバーニアは、パーツ一体型になっており、非常にディティール的にも甘くなっていたので、この旧キットのドレスアップを図るためには一番効果的と判断しました。
しかしその作業は非常に難航し、特にフロントアーマー部分はそのまま繰り抜く作業になり、左人差し指を負傷することにもなりましたが、結果このように自分でも非常に満足のいく出来栄えとなりました。
b0024364_22521776.jpg

バックショットです。前回作ったジェムズガンと比較してもわかりますが、かなりバックパックも強化されております。もちろんこのバックパックのバーニアも換装済みです。
このバックパックに付属しているのが、「ジャベリンユニット」とよばれるショットランサーです。
イメージとしては、ガンダムF91に装備されていた「ヴェスバー」とクロスボーンのMSデナン・ゾンの装備したショットランサーを一緒にしたものとイメージしてもらえればいいです。
今回、ショットランサーにはそれぞれバーニアが1基づつ付いていますが、その他にも小型のものを別途2基づつ付け、更に高機動化を図ります。
b0024364_22522440.jpg

ちなみに、ショットランサーはそのままスライドして脇に抱えて使用する方法と、写真のように取り外して担ぐような使用方法もあります。
ショットランサー自体にもバーニアが付いているため、推進装置も兼ねているのでしょうか、残念ながら劇中の印象がまるでないので、どうやって使っていたかも記憶が定かではありません(笑)
b0024364_2252321.jpg

ちょっとここで表を見ていただきたのですが、RGM系(ジム、ジェガン、それ以降)とガンダム系の性能諸元表の比較です。こうしてみると、RGMの歴史と性能の進化、初代ジムやガンダムと比較して、このジャベリンやジェムズガンがいかに高性能だったのか、ヴィクトリーガンダムが更に高性能で、ジャベリンたちとが時代遅れだったかがわかります(笑)。
b0024364_22522641.jpg

で、ジムです。RGM系の先祖と末裔の対比です。この間に40数年の歴史があります。
こうして見るとガンダムって本当に大河ドラマですよね。
b0024364_22522791.jpg

で、ジェガンさんです。それにしても並べると大人と子供だな(笑)
ジムの功績をたたえると同時にさらに長期運用され連邦軍を支えた名機。
今回ジャベリンの塗装は、このジェガンをモチーフにしましたが、案外しっくりいってますね。最初は地味すぎて失敗したと思いましたが、今は標準の塗装の方が違和感があります。
ちなみに、この2機の間でも30年以上の歴史があります。ジェガン、すげぇな。
b0024364_22522986.jpg

最後に、現状宇宙世紀最後の物語となっている「Vガンダム」を支えたヴィクトリーガンダムとジェムズガンと3ショットです。
このヴィクトリーは、発売当初に作ってたものなので、実際には18年前のものです。今見るとその出来が恥ずかしいぐらいで、よく出せるなと思えるのですが(笑)、若気の至りとして許して下さい。
それにしても、宇宙世紀史上ではこのジェムズガン、ジャベリンが開発された時期から、実際にザンスカール戦争で運用されていた時期でも31年経っていることになります。
確かに戦争などなかったかも知れないが、いくらなんでも長すぎないですか?
確か「V」の劇中では、このジェムズガン/ジャベリンのその10年前のモデルのヘビーガンですらまだ使われていたんですから、いかに平和だったかがわかります。

ジャベリンの完成をもって、ある意味この「RGMまつり」は完了したと言っても過言じゃないでしょうか。確かにまだ「RGM」のキットはまだありますけど…。
旧キット、しかも小型MSゆえ、1/144キットはディテールが甘く、今のHGUCキットと比較したらおもちゃみたいになってしまいます。
そういった点で、ジェムズガンやジャベリンは何とかなったんではないでしょうか。
その中でも、このジャベリンというキットは、ボクの中でも特別なキットになりそうです。
正直製作当初はここまでやるつもりはなかったんですが、1/144ジェガンを作ったことが、ボクにちょっとしたきっかけを与えてくれたんでしょう。
出来としてはまだまだ甘いです。塗装なんかも全然です。
でも楽しかったです。何もかもが出来すぎているHGUCでは味わえないものです。
今だからこそ旧キットを作る意味があるんだなとしみじみ感じています。
こんなことを書いたら、まるで今までの企画が「旧キットまつり」みたいに聞こえちゃいそうですが、そう取られてもおかしくないですよね(笑)。

それにしても、今回の文章は長すぎる。
ま、それだけ気持ちが入っていたとご理解いただき、お許しください。

この次はもうちょっと楽してつくります。
で、今温めている企画に取りかかれればと思っていますが…。

→【1/144 ジャベリン製作日記⑥】


[PR]
by ravfour7103 | 2011-04-18 23:32 | GUNPLA(ガンプラ他) | Comments(8)
Commented by まじぞう at 2011-04-19 00:24 x
本当にお疲れさまでした!
全然印象が変わりましたね。
すばらしい!
とても旧キットには見えません。
バーニアの換装は大正解でしたね(^o^)
細かな色分けも効いてます。
このへんは筆塗りの強みですね。
ボクなら面倒臭くて手を抜きます(笑)
このまま「オラザク」に出しても良いのではないですか?
珍しい機体だし、それだけで目を引くかも。
ぜひ!
Commented by ラン at 2011-04-19 11:30 x
完成お疲れ様でした!
ほんと、バーニアの換装は大正解ですね。
見違えました!!
色も変えて正解ですね。すごくシックリきてます。
この色の方がMSとして自然な気がします。
今回はプラモ本来の楽しさを味わえた様で、本当色んな意味で良かったですね~。

あ~。やっぱりVガンダムシリーズの1/144買っとけば良かった。
1年前ぐらいに店で見たんですけど、「小さくて作れないなぁ…」と思ってパスした事を非常に後悔しています。
さて、気になるお次のキットは何でしょう??
これもまた楽しみです。

しかし、ジャベリンって本当にバーニアだらけですね(笑)。
Commented by ravfour7103 at 2011-04-19 18:42
まじぞうさん、コメントありがとうございます。

お褒めの言葉ありがとうございます。
はっきり言って、やったことって①バーニア付替え、②合わせ目けし、③全塗装の3点です。でもそれって本来のプラモデルの基本ですよね(笑)。
塗装に関しては、毎回悩みます。設定通り塗るべきか、またはオリジナルにすべきか。今回はたまたまうまく行きましたけどね。
「オラザク」は考えさせてください。どうせ出すならもうちょっと良いものを作って出したい気もするので…。
確かに今時期ジャベリン作ってるのボクだけですよね(笑)。
「ジャベリン 製作」でググッたら、ボクのブログがトップに来ます(爆)。
Commented by ravfour7103 at 2011-04-19 18:47
ランさん、コメントありがとうございます。
バーニアに関しては、「バイファム」の印象がものすごく強かったので、今回ジャベリン作ってて、ちょっと「ラウンド・バーニアン(R,V.)」を思い出しました。

>プラモ本来の楽しさを味わえた様で…
ホントその通りです。その前に作ったジェガン、ジムカスタム、そしてジェムズガンと色々試行錯誤して作れたので、ジャベリンではそれらの集大成として色々出来たと思います。
「Vガン」の1/144キットはたまに見かけます。500円前後ですから、シャレで買うにはいいでしょう。

次のキット、うーん、実はもう決めてるんですが。
ある意味コイツを作りたい口実で今までやってきました。
ただ、次はあっさりと作りたいと思います。
Commented by 愚夫愚父 at 2011-04-20 01:21 x
こんばんは。

お疲れ様です。

ジャベリンが、ジャベリンとは思えないほど格好良いですね。

今回のカラーが確かにしっくり来ますね。

RGMではないけれど、宇宙世紀と言えば、この後に
「Gセイバー」というのもありましたが、あれは主役機以外の
キットは発売されていないのでしょうね。
Commented by ravfour7103 at 2011-04-20 02:12
愚夫愚父さん、コメントありがとうございます。
お褒めの言葉ありがとうございます。「RGM」=地味の公式はあながち間違っていませんが、おそらく日本でこんなにジャベリンに注目しているのはボクぐらいでしょう(笑)。
「Gセイバー」はキットだけ見ました。正直「F91」っぽいデザインでしたよね。あれって、一応宇宙世紀の歴史上としては公式につながってるんですか?
それを言ったら「ガイア・ギア」もありますね。
Commented by ウェイブス at 2011-11-30 13:43 x
>>ジャベリンユニットにもブースターがついている。
劇中だとジャベリンユニットごと発射してるシーンがあります。
恐らく、戦艦クラスに大ダメージを与えるための方法かと思います。
Commented by ravfour7103 at 2011-12-01 19:16
ウェイブスさん、コメントありがとうございます。
情報ありがとうございます。
劇中の記憶がほとんどありませんでした。
それにしても、ひどく原始的な武器ですよね(笑)
<< 1/144 ジャベリン製作日記⑥ 春よ、来い。 >>