ブログトップ

I rav,Mac!'17

ravfour.exblog.jp

ヴァンガードのマイナーチェンジに思うこと

b0024364_21185530.jpg

トヨタ自動車は9日、SUVの「ヴァンガード」について燃費向上などの改良を行ない発売を開始した。価格は242万円から336万5000円。2.4L(リッター)の2WD車のエコカー減税は、従来モデルが50%減税だったのに対し、新しいモデルは75%減税となる。
今回のマイナーチェンジでは、2.4Lの2WDモデルのオルタネーターの制御を改良し、燃費を13.2km/Lに向上させ(従来型比+0.2km/L)、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。自動車取得税と自動車重量税が75%の減税となる。
外観では、フロントグリル、フロントバンパー、アルミホイールのデザインを変更するとともに、メッキ加飾を施したサイドプロテクションモールやリヤコンビネーションランプを採用。外板色には、新設定の3色を含む、全8色を設定している。そのほか、2.4L車にカラードオーバーフェンダーや18インチアルミホイールを装備した「240S Sパッケージ」を設定した。
内装においては、ステアリングホイールのデザインを変更し、パドルシフトを採用(2.4L全車)。また、全車にステアリングオーディオスイッチを標準装備した。そのほか、質感を高めたシート表皮(240S、240S Sパッケージ、350S)、本革シートや本革巻き&木目調シフトノブ(一部モデルのオプション)などを採用した。


わが愛車、トヨタ・ヴァンガードが初めてマイナーチェンジを受けた(一部2WD追加などはあったが)。
オーナーとしては非常に気になるところではあるので、まだ発表段階ではあるが、MC前後の違いなどについてみてみたい。




今回のMCの大きな特徴は、主に以下の3点。
 ①2WDモデルをはじめ、燃費向上によりエコカー減税率のアップ
 ②エクステリアの一部変更…フロントグリル、バンパー、リアコンビランプ、アルミホイールなど
 ③インテリアの一部改良…ステアリング、パドルシフトなど

①については現代の流れで、トヨタ車においても各自エコカー減税の恩恵を受けようと燃費改善を実施してきた。
ボクは1年早く買ってしまったためにこの「エコカー減税」なるものの恩恵を受けていない。というかヴァンガードをはじめ世のクルマのどこが「エコカー」なのかを問いたい。
そもそも「クルマ」は、「エコロジー」ではないのだ。徳大寺先生もおっしゃられていたが、「エコノミー」だとボクも思う。なのに、さも環境に配慮しているかのような風潮はいかがと思う。それが行き過ぎると今回の「プリウス」のような事に繋がっていると思う。
本当に「エコ(ロジー)」を目指すのであれば、「自転車」にすべきだ。クルマにのって「エコ」を名乗るのは偽善以外の何者でもないとボク自身感じてしまう。

ただ今回の「エコ対応」をみて、とりあえずトヨタはヴァンガードと言う車種を忘れていなかったんだなと思った(笑)。SUVと言うカテゴリーでは一応、日産エクストレイルについで2位の販売実績らしい。これはカローラ店とトヨペット店の併売によるのも大きい。
ただし何度も言ってるが、このクルマは決してハリアーやクルーガーの代わりにはならない。元は「RAV4」だから車格は下だ。

②については、トヨタのMCにしては、比較的おとなしいと思えた。と言うのも今までトヨタ車のMCはだいたいエクステリアでフロントマスクを大幅に変えて失敗するケースが後を絶たなかった。
しかし今回のMCを見る限りでは、ほとんどMC前との違いがわからないぐらいだ。これだと現行ユーザーもほっと胸をなでおろすところだろう。販売台数を見ても弟分のRAV4をよりも売れているので、トヨタ的には今回のMCは地味に大切にしたいところであろう。
しかし、米国のアクセルペダルのリコールは、実はRAV4などが対象であるため非常に苦しい状況ではあるが、日本においてはロングボディ版がヴァンガードの名称で売られているため、一般のお客さん達には違いはわからないだろうから影響も少ないかもしれないが、それ以上に「プリウス・ショック」でトヨタ全体へのダメージが大きいため、正直この時期のMCはタイミング的には最悪だったかもしれない。

話を戻すと、今回のMCでひとつ、2.4Lモデルに「240S Sパッケージ」なるものが追加された。
これは、3.5Lモデルにしかなかったオーバーフェンダーを2.4Lモデルに装着したモデルである。RAV4でも全車2.4Lモデルでありながらオーバーフェンダーモデルもあったため、一部ユーザーからの要望もあったのであろう。このモデルを買うと、今までオーバーフェンダーでエンジン排気量を確認できたがそれができなくなってしまうことになる。
もし従来モデルにSパッケージがあってもボクは買えなかっただろう。このクラスのクルマのタイヤサイズはそのままコストアップに繋がるのだ。いまでも悲鳴を上げているのに…(涙)。

③については、あれだけ新車発表の際に「ブロンズ調インテリアでの高級感」を謳っていたわりには、意外に内外からの反応は薄く、あまり高級感を伝えられなかったためか、今回のMCで「グレーメタリック調」に変更され、「ブロンズ調」は選択となった。
ボクも納車当時にも言っていたが、トヨタが言うほど高級感は感じないし、しつこいようだが元のデザインがRAV4である以上、高級感を求めても高級感を感じるはずがないのだがら、元々無理な話だ。

あとステアリングのデザインが変わったが、正直これについてはMC前の方がよかった。今回はステアリングにオーディオスイッチなどと付けたかったようで、そのおかげでなんともスポーティ感は薄れてしまった様に感じる。
また今回2.4Lモデルにパドルシフトが追加された。要はF1でいう「セミオートマのパドルシフト」のようにステアリングを切りながらのシフトチェンジが可能と言うことでよりスポーティなドライビングが楽しめるらしいが、正直フロアシフトにもCVTのマニュアルモードを付けているので、そっちでも十分スポーティな運転はできる。
ましてやハンドルを切りながらシフトをいじるのは、運転上非常に危ないと思う。
またCVTのマニュアルモードも、冬道のエンジンブレーキの際に使うぐらいで、なければなくてもいいぐらいだ。そんなにマニュアルモードにして楽しむクルマでもないし(笑)。

最後に、CMキャラクターが俳優の伊原剛士さんから、滝川クリステルさんに代わった。
最初のキャッチコピーは「アクティブ&ラグジュアリー」、「タフ&ジェントル 7シーター」だったはずだが、この「タフ&ジェントル」とはかなりの方向転換で「「夢中」を愛する人たちへ。」とキャッチコピーまで変わった。
これは、当初のキャッチコピーにもかなり無理があったが、「タフ&ジェントル」な使われ方をあまりされなかったんだと思う(笑)。
その証拠に、CMカラーもいままでの「ブラック」から「ブラッキッシュレッドマイカ」に変更された。要は「大人の男」からより「アダルト」に振っていると言うことか。
しかしここまでの方向転換もいかがなものか?別にクリステルさんが悪いわけではないが、ヴァンガードのキャラクターとあっているのか、またヴァンガード自体のキャラクター性に少々疑問を感じる。


いろいろ文句やいちゃもんを付けてきたが、次期RAV4登場の際には統合される予定であり、ヴァンガード自体は一代限りで消滅となる事になりそう。
でも今回せっかくのMCを受けるのに、「プリウス・ショック」や米国でのリコール問題などで、「トヨタ」全体に与える影響は計り知れない。
しかもせっかく15日に発表が予定されていた新型「パッソ」も発表会を中止するようであり、各方面へ与える影響も大きい。
トヨタには今回の件を迅速に対応していただき、ユーザーの信頼の回復に全力を尽くして欲しいと願う。

また、とりあえず実車見たいね。でも負け惜しみ抜きで、今のクルマ大好きなんで(笑)。
[PR]
by ravfour7103 | 2010-02-12 22:44 | VANGUARD(マイカー関連) | Comments(3)
Commented by ラン at 2010-02-17 10:24 x
自分の車に愛着を感じる事はいい事ですよ。
ヴァンガードもM/Cするんですね。フロントのマスクをはじめ、外観がなかなか良く思えます。

高級感…。ハリアーなんかと比べられたら、ヴァンガードが可哀想ですよね。もともとランクが違うし。
そもそも、よく、人が「高級感がどうのこうの」って言ってるのを聞きますが、何と比較して言ってるのかが分からないなぁ。安い車で高級感を求めるのってどうなの??って感じです。
ただ、このヴァンガードも決して値段を見る限り「安い車」ではないので(僕からすれば高級車扱い)、この価格で考えると、「高級感」を求めてしまうかもしれません。ただ、これは僕のセンス低さの問題でしょうが、「高級感を感じた内装」って未だにないんですよね(汗)
Commented by ravfour7103 at 2010-02-18 13:51
ランさん、こめんとありがとうございます。
「高級感」と言うのはクルマにとって「死語」と感じているボクですが、どうもメーカーはユーザーがこの「高級感」を求めていると感じています。
またよく使われるのが「プレミアム」と言う言葉。本当にボクも含めて意味をわかっているんでしょうか(笑)。
結局は何年乗っても色褪せない魅力的なクルマ=「実用性の高いクルマ」が名車と呼ばれるんでしょうか。

また「高級感ある内装」は国内メーカーがよく勘違いするのは「ウッドパネル」と「本皮」を使う事です。昔あった日産インフィニティQ45のように漆塗りや七宝焼きなど日本文化をうまく融合させた内装こそ、真の高級感と言えるんじゃないでしょうか?
確かに今のクルマは「なんちゃってプレミアム」ばっかりですね(笑)。
Commented by ラン at 2010-02-21 00:41 x
ヴァンガードの新CM見ました。
一瞬「滝川クリステルのCMか!?」と思うシーンがありますね(笑)

しかし、今の若者にはSUVが人気なんですか?
それとも世間的に人気??

僕の会社の若者の間では、エクストレイルが大流行してるみたいです。
<< じゅくご日記(15)【五輪】 ゲームハード価格ランキング! >>